【緋の目】エンペラータイムの制約まとめ【寿命】

スポンサーリンク

 

エンペラータイムを発動している時は、「1秒につき1時間の寿命が縮む」という制約です。

 

発動中は、通常の3600倍の速さで寿命が縮むというワケです。

 

まさに命がけ。

 

自らの寿命を糧に、強さを手に入れる。

何かを得るには、何かを代償にしないといけないってコトですよ!

 

クラピカの能力は、旅団編でチェック!(8~13巻)

エンペラータイムのメリット

絶対時間ので得られる効果についてです。

 

メリットは主に2つあります。

  1. 全ての系統の能力を、100%引き出せる。(100%になるのは、威力と精度のみ)
  2. オーラの絶対量が増える。

 

 

① 全ての系統の能力を、100%引き出せる。(100%になるのは、威力と精度のみ)

こちらがメインの能力です。

エンペラータイムの系統能力に関しては、チートすぎるので以下のように修正されました。

  • 修正前 → 全ての系統能力を100%引き出せる。
  • 修正後 → 全ての系統能力を100%の精度・威力で使える。

 

全ての系統を100%とか、よくばりにも程がある。

補足説明
修正前のエンペラーは、1時間で10年くらいの寿命持ってっていいと思う。

 

系統の精度とかはこちらを参考に。

↓↓↓↓↓↓

クラピカの鎖の能力まとめ【対クモのよくばりセット】

2017.07.26

 

 

② オーラの絶対量が増える。

この効果は、マンガ内では空気です。

 

しかし、実際はかなり強力です。

オーラの総量が増えるコトで、長時間の戦闘が可能となります。

 

補足説明
反動もスゴイことになります。

 

スポンサーリンク

エンペラータイムのデメリット

絶対時間のリスクについてです。

 

  1. 発動中は、寿命が3600倍の速さで減る。(継承戦で確認)
  2. 1時間ほど緋の目を継続すると、ふらつく。やつれる。(ヨークシンの時)
  3. 3時間ほど緋の目を継続すると、熱が出る。2日くらい寝込む。(ヨークシンの時)

 

① 発動中は、寿命が3600倍の速さで減る。

1秒で1時間。

1時間で150日。

24時間で10年。

1週間で70年。

 

「寿命減りすぎィ!」と思うかも知れませんが、こんなモンでしょう。

この手のブースト技は、そんなに長時間使用するモノではありませんので、気にするものではありません。(ドルフィン縛りを除く)

補足説明
数値化して、リスクが具体的になると、ちょっと引いてしまうのでしょう。

 

この寿命に関しては、重度の制約をぶっこいたゴンさんとかと同じノリです。

やっぱ、自分の命を差し出すのが、一番手っ取り早いパワーアップ方法ですね。(ロマサガのノリ)

 

この制約は、ステルスドルフィンを使用している時だけの「制約」かも知れません。

でないと、ステルスドルフィンの性能はちょっとおかしい。

スチールチェーンもちょっとおかしいけど。

補足説明
しかし、エンペラータイムのメリットを考えると、寿命というデメリットは、デフォルトであっても不思議ではないです。

 

スチールチェーンとか鎖の能力はこちらを御覧ください。

↓↓↓↓↓↓

クラピカの鎖の能力まとめ【対クモのよくばりセット】

2017.07.26

 

 

② ③ ふらつく。やつれる。熱が出る。2日くらい寝込む。

これらは、ブースト技を使ったときの反動です。

 

同じような例としては、シャルナークの自動操作が挙げられます。

幽遊白書の飛影が、栄養剤を喰った後の冬眠タイムも同じようなモノですね。

スポンサーリンク

 

 

オーラというのは、生命力です。

そのオーラを、限界を超えて発するというコトは、命を削っているのと同じです。

補足説明
100%以上の力を使うと、かならずどこかに歪みが生じます。

 

エンペラーを発動しつつ、堅や凝や流などの応用技を使いながら、具現化した鎖を操って戦う。

実戦では、地形に注意したり、音や相手の言葉に注意したり、負担のかかるポイントはたくさんあります。

 

1人で戦い抜く力

クラピカは、幻影旅団とのバトルを、1人で戦い抜こうとしています。

 

基本的には、ムリゲーです。

しかし、彼が一人でもそこそこ戦えているのは、エンペラータイムのおかげです。

 

彼は、エンペラータイムがあるのをいいコトに、たくさんの能力を覚えました。

本来は、習得しても使い物にならない能力も会得しました。

補足説明
彼は、5つもの能力を覚え、右手は鎖だらけになってしまいました。

 

習得した能力は、対旅団用の能力と、緋の目を見つけ出すという、2つの目的に合わせた能力になっています。(よくばりセット)

 

命と制約

2つの目的を、たった1人で達成しようとしているクラピカにとっては、エンペラータイムの存在は、非常にラッキーです。

 

補足説明
しかし、エンペラータイムの存在が、クラピカのソロプレイに拍車をかけています。

 

 

エンペラータイムで補えるのは、系統能力の部分のみです。

自分のメモリを節約するコトはできません。

覚えられる能力には、限界があります。

 

オーラの強さにブーストはかかりますが、ものすごく強くなるワケではありません。

具現化系という扱いづらい系統で、旅団に通用するレベルの威力を出すコトはできないのです。

 

そのため、クラピカは、自分の命を代償とした制約を使って補っている部分も多いです。

特に、中指のチェーンジェイルは、命を担保にして、強力な力を得ています。

 

 

しかし、クラピカは、エンペラーといい、中指といい、自分の命を糧にしている部分が多いですね。

 

黒龍波2発目

クラピカ。

本当に後のコトは考えていないようだな。

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
お問合わせはコチラ。 ↓↓↓↓↓↓

お問合わせはお気軽にどうぞ\(^o^)/
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です