366話でクロロがひどい顔してる理由を考察【不機嫌な団長】

スポンサーリンク

 

366話で再登場したクロロ団長が、ひでー顔をしてる理由を考えました。

 

クロロのこんな顔は初めて見ますね!

 

クロロ団長は、旅団員を連れて、ウッキウキの船旅を楽しむ予定だったハズです。

なぜ、彼は今にも誰かを56しそうなツラをしているのでしょうか。

 

酷いツラの理由は、34巻にヒントがあります。

自分のせいでシャルナークが死んだから

シャルナークが死んだんじゃなくて「自分のせいでシャルナークが死んだ」ってのがポイントです。

 

※ ここでは、コルトピの件はスルーさせていただきます。

 

シャルナークは、ヒソカさんが頃したのではなく『クロロが頃した』のです。

少なくとも、クロロ本人はそう思っています。

補足説明
クロロは主体者意識の人間なので、「ヒソカのせいでシャルが死んだ」という被害者意識の考えはありません。

 

「クロロの酷い顔」からは、『自分を許せない』という感情が読み取れます。

補足説明
自分のせいでカイトやっちゃったゴンと同じようなモンです。

 

「自分のせい」ってのはそれくらい自分への怒りを感じるポイントです。

 

今にも人をぶっ56しそうな顔をしていらしゃるよ

クロロは、今にも人をぶっ56しそうな顔をしてます。

ですが、彼は一般人に八つ当たりするほどの無能じゃありません。

 

八つ当たりしたい感情は少なからずあるでしょう。

そこを理性で抑えるのが大人の対応です。

補足説明
キルアとかは、まだ子供なので、ハンター試験の受験生をヤッたりとかユピーに八つ当たりとか、ガッツリとやってますがね。

 

シャルが4んだのはクロロのせいです。

そこから湧いた怒りを、無関係の一般人に向けるなど、クロロ級(クラス)の人間がやるべきコトではないです。

 

モントゥトゥユピーが「怒りとは、撒き散らすものではなく、何かに向けるものなのだ」と言っていました。(27巻287話を参照)

クロロが怒りを向けるべき相手は決まっています。

だから、その怒りは大事に取っておかないといけません。

 

そんな感じのセリフを、幽遊白書の飛影くんが浦飯くんに言ってました。(5巻39話を参照)

怒りという感情の利用方法は、冨樫先生の作品ではいたるところにちりばめられていますね。

 

八つ当たりを、理性で抑えているのも、自分への怒りポイントは高いです。

 

自分を許せない時

クロロが一番許せないのは「自分」です。

サンプルとしては、自分を許せずに自ら腕をちぎった王です。(24巻249話を参照)

 

クロロは、本当ならば王のように怒りを自分に向けて放ち、自分を壊したい感情でいっぱいです。

ですが、大人の理性で抑えています。

何よりも、シャルナークがそれを望んでいないハズですから。

 

ここが一番悩ましいところですね。

自分の怒りは、本来なら自分に向けるべきだが、それはできない。

そしてクロロ本人は、減塩旅団のリーダーとして、これからも頑張っていかないといけません。

 

怒りの矛先を失ったサンプルとしては、

  • 蟻編のゴンくん。
  • 蟻編のサンタユピー。

などが挙げられます。

 

ユピーは、怒りを撒き散らしていたときは酷かったです。

しかし、戸愚呂兄と同じく、怒りを「別の場所」に移動する術を身に着けてからはすごかったです。

ユピーに比べると、ゴンくんはガキなので仕方ないですね。

 

ただ単に、怒りを抑えるだけではないコトが、怒りポイントを上昇させます。

 

スポンサーリンク

コーヒーブレイクスマイル

もし、シャルナークが「蟻ん子との戦闘で死んじゃった」というパターンならどうでしょうか。

 

その場合は、勝手に死んだだけなので、クロロはいつも通りのイケメンコーヒーブレイクスマイルで乗船していたコトでしょう。

ウヴォーギンのときも、割と余裕の表情をしていましたからね。

スポンサーリンク

 

とはいっても、シャルナークといえば、旅団結成当時からいるメンバーです。

補足説明
って13巻のパクノダが言ってた。

彼を失ったクロロ団長のダメージは計り知れません。

 

ちなみに、シャルナークと同じく、結成当時からいるメンバーのウヴォーギンが死んだときは、クロロ団長は号泣していました。

さすがに、旅団員の前では泣きませんでしたが。

 

シャルナークが死んだと知らされた時も、号泣したコトでしょう。

あ、あとコルトピも。

 

「旧友を失った」というのは怒りポイントが高いです。

 

シャルナークに船旅をさせてあげたかった

シャルナークは、船旅を割と楽しみにしていました。(34巻参照)

 

ウヴォーギンの件からして、クロロはシャルナークに対しても「シャルがやりたかったコト」を実現させるハズです。

 

そしてもう一つ。

クロロは、船でシャルと合流した時に、ケータイを返す予定でした。

補足説明
クロロの手には、船で手渡す予定だったシャルの携帯が握りしめられているでしょう。

 

ケータイを返せなかったのと、船旅をさせてあげられなかったのは、自分への怒りポイントは高いです。

 

不機嫌な果実

ここまで真面目に語りすぎたので、ここからはネタに入っていきます。

スルー推奨です。

いいか!?見るなよ?ここはスルーして、大人しく最後の見出しに進むんだ!

 

 

 

クロロの表情から察するに、彼のダメージは非常に大きいです。

 

クロロとシャルナークはできていたのかも知れません。

 

「お前みたいな3流リーダーの手足はもうごめんだ。」

とか言って、旅団を見限ったメンバーもいるかも知れませんね。

ヘタすりゃクロロは団員に拘束されて、あんなコトやこんなコトをされたかも知れません。

 

それに「ヒソカさんがあと10人」と言ってましたので、船に乗船する段階では、手足は半分になっているかも知れません。

失った手足が多いからこその酷い顔です。

 

それだと、34巻巻末のアレがちょっとアレが微妙になりますが。

冨樫先生が「クロロvsヒソカ」を解説してくれたぞ!

2017.07.06

 

まとめ

クロロ団長が、いまにも人を56しそうな顔をしていらっしゃる理由をおさらいしましょう。

 

  • 自分のせいでシャルが死んだ
  • 八つ当たりなどの怒りを理性で抑えている
  • 自分の立場とやるべきコトが噛み合ってない
  • 約束を守れなかった

 

まあ、何かいっぱい理由はありますが、一言で言うと「自分を許せないから」ですね。

 

いや、しかしクロロの顔は酷いです。

 

コーヒーブレイクスマイルの余裕はどこにいったんですかねぇ。

 

だいぶストレスが溜まっているご様子です。

少し休まれた方がよろしいですわ。

結界師 瑠架(るか)でございますwwwwww【幽遊白書】

2017.07.20

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
お問合わせはコチラ。 ↓↓↓↓↓↓

お問合わせはお気軽にどうぞ\(^o^)/
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

5 件のコメント

  • 話の最後にクロロのいる最後の船室っぽい番号が37564。
    37564=皆殺しだから旅団全員殺されてるのではと言う考察されてますよ。

  • クロロの表情の重さから察するに、クロロ以外の旅団員が全滅してる可能性もありますね。

    34巻の巻末の解説を見る限りでは、最低でも「マチは残っている」とは思いますが。
    多くても手足半分くらいの減少だと思っています。(あと5人♪)

    ヒソカさんが「あと10人♪」とか言っておいて、乗船までに1人も減らしてないのは何かおかしい。
    1人くらいは狩っている線が濃厚。

    つまり、私の考察はこうです。
    ↓↓↓↓↓↓

    濃厚(黄) → あと9人♪
    濃ゆい → あと10人♪
    普通 → あと5人♪
    薄い → あと1人♪
    酷く薄い → あと0人♪

  • 私も、旅団メンバーには好きなキャラがいるので、全滅は悩ましいところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です