なぜクロロ団長を含めた幻影旅団全員がヒソカさんをタイマンでやりたがっているのか?【ハンターハンター】

スポンサーリンク

出典:『HUNTERXHUNTER』371話/冨樫義博

 

ハンターハンター371話にて再登場した旅団ですが、旅団全員がヒソカさんをやりたがっているようです。

 

全員がヒソカさんをやりたいのは当然。

問題は、早い者勝ちという部分ですね。(タイマン)

 

ですので、この記事では、なぜタイマンでヤることにこだわっているのか考えてみました。

 

旅団は早い者勝ちの集団

旅団はもともと、そういう集団です。

 

「誰がヒソカやるか競争。」

みたいなノリでやっているのだと思います。

 

蟻編のザザン様のときも、早い者勝ちというルールでやってました。

具体的には、「女王を見つけた者が女王を倒す権利を得る」というゲームです。

 

そして、女王と戦っているフェイタンを見ているときの、フィンクスの発言が以下のセリフ。

「フェイタンがやられたら、他のヤツが行けばいいんだよ。」

 

つまり、早い者勝ちですね。

 

ですので、ヒソカさんをやるときも、早い者勝ちという『やり方』なのでしょう。

 

拙い連携は混乱を招くから

クラピカのセリフから。

 

現在の旅団は切れまくっており、冷静な判断ができない状態だと思います。

加えて、旅団がタイマン主義なのであれば、連携になれてないハズ。

 

だから、そんな状態で全員が連携してヒソカさんをやろうとしても、逆に勝率が落ちてしまうのではないでしょうか。

 

ですので、タイマンで一人ずつやるのは、ある意味では冷静な作戦だと言えると思います。

 

補足説明
クロロとマチ以外の旅団員は、割と落ち着き払った態度でしたけどね。

 

セルゲーム

タイマンで早い者勝ちというのは、いわばセルゲーム方式です。

 

仮にですが、全員でうまく連携すれば、これ以上旅団の数を減らさずに、ヒソカに勝てる可能性もあります。(トランクス式)

ですが逆に、一気に全滅するの可能性もあります。

 

ですが、一人ずつかかれば、旅団が全滅するよりも先に、ヒソカさんの体力が尽きるでしょう。(セルゲーム式)

もちろん、旅団が全滅する可能性もありますけどね。

 

誰か1人でも旅団が残り、旅団の意志を継げば良いので、多少数が減ってもOKだと思います。(フランクリンさんの考え)

 

ですので、何人かやられても良いので、早い者勝ちというセルゲーム方式にしたのでしょう。

 

ベジータ「好きにしろ、どの道フィニッシュを決めるのは、このオレだ」

 

まとめ

多少切れたからといって、旅団の方針は変わってない気がします。

いつも通りの早い者勝ち作戦です。

 

だから、クロロ団長はすこし不機嫌ですがいつも通りのクールなキャラです。

決して、冷静さを失ってるワケではありません。

セルゲーム方式なら、100%勝てると踏んだだけです。

 

ですよね?

クロロ団長は、何があってもいつも冷静な判断をしてくれるキャラですよね?

 

私は信じます。何があっても。

 

ホント、信じていますから!

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です