【ハンターハンター374話ネタバレ感想】ウェルゲーの話長すぎワロタwwww

スポンサーリンク

『HUNTERXHUNTER』374話/冨樫義博

 

この記事は、ハンターハンター374話のネタバレ、感想です。

 

ジャンプ2018年12号(2月19日、月発売)には、しっかりとハンターハンター374話が掲載されておりました。

 

やったぜ。

 

374話の出来事を箇条書きで

374話で起こったコトを箇条書きでどうぞ。

 

  • ウェルゲーとクラピカの会話
  • 各王妃の顔公開
  • フウゲツ王子?が念能力を発動(魔法のトンネル)
  • サレサレ王子の守護霊獣の能力が明らかに?
  • チョウライ王子の守護霊獣の口からコインが出る

 

正直、話じたいはあんまり進んでません。

ちまちまと守護霊獣の能力が明らかになっていってる感じ。

 

374話は久々に文章量が多いため、適当に流し読みで良いと思います。

 

ウェルゲーとクラピカの会話

ここの会話が長すぎて、離脱する読者が多いと思われます。

たぶん、小学生の少年少女読者は、マトモに読んでないでしょこれ。

 

というワケで、会話の内容をざっくり解説。

 

もともとウェルゲーさんは、ハンター協会員に不信感を持っていました。

加えて、先日クラピカセミナーにて、マラヤームくんの警護兵であるバリゲンさんがお亡くなりになりました。

 

なので、色々と信用できない様子。

ですので、クラピカとの通話においても、同盟を組む話は決裂となりました。

まあそうなるわな。

 

 

ちなみに、マラヤーム王子の部屋は、やっぱり部屋ごとワープしてる感じです。

解決方法は、まだ明らかになっておりません。

 

まあ、次の日のクラピカセミナーの時に詳しいコトが分かるんじゃない?(適当)

ハンゾーも次の日になったら、自動的に元に戻るみたいだし。

ぶっちゃけ、対して緊張感ないwwww

 

 

ウェルゲーとクラピカの会話は、こんな感じだと思います。(私も流し読み)

ちょっと文章量多すぎんよ~。

 

旅団とヒソカさんの再登場、あくしろよ。

 

各王妃の顔があきらかに

8人全員の王妃の素顔が明らかになりました。

2ページ使ったコマにて、王妃と現状各戦力の解説付きです。

 

一番印象的なのは、第一王妃のウンマさまですね。

息子のベンジャミン殿にそっくりです。特に鼻が。

 

補足説明
そういえば、ネテロ会長の息子ビヨンドさんも、鼻がソックリ似てましたね。

 

各王妃を並べてみると、やはりドゥアズル王妃が一番美人でかわいいと思います。

さすが、ナスビ王と4人もの子をこさえてるだけはありますねぇ!

 

フウゲツ王子の念能力?が発動(魔法のトンネル)

寝室でのんびりしていたフウゲツ王子の目の前に、いきなり魔法のトンネルが出現。

 

たぶん、守護霊獣ではなくフウゲツ王子の念能力です。

もしくは、カチョウとフウゲツ両方の能力でしょうか。

 

なんか、幼いころに遊具で使っていた魔法のトンネルが、大人になって念能力として発現した感じ。

 

フウゲツ王子は、トンネルを通ってカチョウ王子の寝室へ。

そして、カチョウの目の前に、いきなりフウゲツが出現。

さすがにビビる。

 

 

注目すべきは、カチョウフウゲツ王子の顔。

両方とも、初期登場とは明らかに顔が変わっております。

 

かなり、かわいさがアップしている様子。

フウゲツ王子、一瞬ポンズかと思いましたよ。

 

補足説明
まあナスビの生贄になるんですけどね。

 

サレサレ王子の守護霊獣、能力が明らかに?

サレサレ王子の守護霊獣は、拡散式の誘導型の操作系です。(え、何それは)

 

そういえば、少し前のハンタで操作系の何たら式とか言ってたような・・・。

 

何やら、守護霊獣が生み出すピンクの煙を吸うと、操作されるとかいう能力の模様。

補足説明
サレサレ王子の望むハーレム向けの能力です。

 

薄い本のネタにもどうぞ。

 

チョウライ王子の守護霊獣の口からコインが出る

「チャリーン」とかいって、突然空中からコインが出現しました。

どうやら、チョウライ王子の守護霊獣のお口からコインが出現している模様。

 

コインに描かれた数字は「1」。

見た目は100円玉っぽいけど「1」。

 

守護霊獣が視えない人でも、コインは見える様子。

スラッカと仲良かったオッサンによると、コインは昨日も出現した様子。

 

なにやら、コインからは禍々しいオーラが・・・。

タイソン王子の霊獣には取り憑く条件があったので、コインも出現する条件があるのでしょうか。

果たしてコインの「数字」が意味するモノとは・・・。

 

まとめ

徐々に、守護霊獣の能力が解禁されていってます。

 

今週は、文章量多いため、わたしはガッツリ流し読みしてます。

ハンタは10分くらいでさらっと数回読みました。

この記事も、一時間くらいで適当に書きました。(手抜き)

 

厄介

文章量が多いのは『厄介』です。

 

文字量の増加は、単純に読むのが手間になります。

一番厄介なのが、『文字が小さい』というコトですね。

 

ハンタを電子版ジャンプでスマホから読むと、文字が小さすぎて非常に読みづらいと感じます。

ですので、漫画をダブルタップで拡大表示にしたり、ピンチ操作で拡大縮小する必要が出てくるのです。

 

グリードアイランドで言うと、バインダーが空中に浮いてないのと同じようなモンです。(手で支えないといけない)

 

つまり「一動作増える」コトになります。

片腕無かったカイトはピトーにやられました。

クロロvsヒソカだったら詰みですよ。

 

ですので、流し読みの原因になりえてしまうのです。

要は、読者が離脱するってコト。

普通の読者は、わざわざダブルタップしてまで読まないでしょうからね。

 

 

ところで、ジャンプの電子版を、みなさまはどの端末でご覧になっているでしょうか?

おそらく、スマホかタブレットが大多数でしょう。

数値で言うと8割ほどかと思います。

 

ちなみに、私が運営しているこのブログのアクセスも、約8割ほどがスマホからです。

私が運営しているYouTubeのチャンネルも8割がたスマホになります。

 

 

おそらく、漫画を書いている冨樫先生は、雑誌のジャンプサイズの原稿で漫画を書かれているのでしょう。

書くのはA4サイズくらいでも、見るのはスマホサイズ。

 

わたしの場合も、ブログを書く作業はパソコン画面(24インチ)ですが、見るのはスマホサイズです。

これには、何やら近いモノを感じました。

 

 

というワケで、そろそろジャンプの漫画もスマホ対応した方が良いと思います。

ハンタ以外を読んでないので、他の漫画はちょっと不明ですが・・・。

 

わたしは、他にもジャンプ+で『ドラゴンボール』とか『星の王子さま』を読んでいます。

そのおかげで、より一層ハンタの文字量の多さと文字の小ささが気になりますね。

 

旅団とヒソカ、あくしろよ。

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です