ハンターハンター357話「残念②」クロロvsヒソカ⑦ ゴム人間と化したヒソカ

 

惨事・・・

天空闘技場から数百メートル離れた場所でのテレビリポーター実況からスタート。

リポーターはすごい数の消防車や救急車が現場を埋め尽くし、戦場のようだと伝える。

 

 

こんなてっぺんで大惨事。これは大変だ。

2016-06-13_062008

 

 

リポーター
「爆発当時は会員のみが観覧・視聴可能なフロアマスター戦が行われておりました!!」

 

爆発当時と発言していることから、かなり時間が経っている様子。闘技場のリングは吹っ飛び、煙がモクモクの中で救助活動が進められている。

 

 

実況の女の子は無事のようだ。(ほっ)

2016-06-13_062934

 

 

リポーター
「この試合で対戦相手のヒソカ選手を含め、多数の死者が出たようですが!詳しい報告にはまだ時間がかかりそうです!」

 

え、えっ?リポーターさんが「ヒソカ死んだ」って言ってるんですけど。

 

ここで場面チェンジ。

 

選手控室

 

で、次のページがこちら。

2016-06-13_071113

 

 

ほんとに死んでた。

 

選手控室のようなところに寝かされているヒソカさん。顔は焼けただれ、首の皮膚はボロボロ、白目をむき、鼻と唇は吹き飛び、髪はチリチリになっている。

どことなく「美しい魔闘家鈴木」に似ている気がする。

しかし、慣れたハンター読者でもなかなかにキツイ描写である。これは確実に死んでますね

 

 

マチ
「思ったより損傷してないんだね。」

シャルナーク
「爆破役の人形が近づく前に「壊す命令」をを受けてた200体の人形が群がって、緩衝材の役目をはたしちゃったみたいだね。

死因は肉の壁と爆発で酸欠になっての窒息みたいだ。」

 

 

久々に登場のマチ、コルトピ、シャルナーク。

首から上の損傷はそれなりにあるが、胴体部分は試合中とあまり変わらない。

頭の良いシャルナークさんの発言なので死因はほぼ間違いないかと。というかその死因解説は試合見てないと出来ないだろ。お前現場にいたな

 

どうやらギュルっと丸まってそのままお亡くなりになった模様。

しかし、窒息死とは惨めな最後ですね。

 

 

 

ヒソカの死体を確認したシャルとコルトピは帰ろうとするが・・・

 

 

 

コルトピ
「?戻らないのマチ」

シャル
「もう十分確認したでしょ」

マチ
「・・・前金もらっちゃってたからね・・・少しコイツ縫ってから行くよ」

 

 

コルトピ
(団長と闘うのにそんなのマチがもらうワケないじゃん?)

シャル
(まぁマチは何だかんだいって優しいからね。)

 

 

シャルとコルトピには先に帰宅。

前金はもらってないにしても試合開始前にマチとヒソカが会っている可能性はあるのかな。

 

 

マチ
「首周りの痛みがやっぱり激しいね。顔もキレイにしといてやるよ。団長の除念・・・ありがと。」

 

 

「やっぱり」って何だ?その発言は完全に試合を見てたよね。

 

 

団長の除念はヒソカがやってたから、サービスで縫ってくれるようだ。これはヒソカも喜ぶだろう。

2016-06-13_110310

 

 

 

 

 

マチがヒソカを縫おうとすると・・・

 

 

ズズ・・

 

 

ヒソカの体からオーラが発生。

 

 

マチ
「!?オーラ!?馬鹿な・・・!! ヒソカは確実に死んでる!! 死んだ後に・・・死後に・・・強まる念・・・!!?」

 

 

 

 

ヒソカの両腕が動き始め、心臓マッサージを始める。

 

場面チェンジで回想

 

ヒソカ
(どうせ死ぬなら・・・試してみるか・・・♥)

 

ギュルっと丸まりオーラを集中する。

 

ヒソカ
(念(ゴム)よ・・・!!! ボクが死んだ後よみがえり!!! 心臓と!!! 肺を!!! 伸縮(愛撫)せよ!!!!!!)

 

 

回想終わり。

スポンサーリンク

ゴム人間誕生

息を吹き返し、飛び起きるヒソカ。

 

ヒソカ
「やあ、マチ・・・♥

ボク・・・今、ちゃんと死んでた?」

 

マチ
「ああ・・・完全に死んでたね」

 

ヒソカ
「そう・・・♥ くくく、くくくくくくくくくくく♪」

 

 

自分の死亡を確認し、楽しそうに笑うヒソカ。心臓マッサージがうまく行ったのがよほど嬉しかったのだろうか。

 

 

ヒソカ
「いやぁ・・・やっぱりクロロ級(クラス)と闘ると、相手十分の条件で勝つのは難しいな・・・♣ 現実は厳しいね💀」

 

 

「これくらいならいけるだろ」と、調子に乗っていたが、厳しい現実を目の当たりにしたことを首からドクドク血を流しながら笑顔で語るヒソカさん。

 

 

マチ
「ま、これに懲りたら今度からは、闘う相手と場所はちゃんと選ぶことだね」

 

ヒソカ
「( ゚д゚ ) 」

 

 

マチの発言から何かに感づいた表情のヒソカ。

 

 

 

マチ
「座りなよ、縫ったげる」

 

ヒソカ
「いや大丈夫・・・♦」

 

 

ヒソカに拒否された後のマチの顔がキルアにしか見えない。

2016-06-13_082257

 

 

ヒソカ
「ガムで・・・血を止め・・・!! 破壊された部分を薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)で再現ん!!!

左手も!!!ゴムで型取り!!ドッキリテクスチャーで!!!右足も!!!

見た目復活!!!」

 

 

すごい勢いで見た目復活。

完全にカストロ戦明けのときと同じ流れである。

 

一番残念なのはここでようやくドッキリテクスチャーを使ったこと。

クロロとの対戦中に奇術師らしくこの能力を使って欲しかった。

 

 

 

ヒソカ
「♪」

 

能力を駆使して見た目を復活させ、得意気にマチを見るヒソカ。

 

 

マチ
「なるほど。アタシは用なしだね。じゃ帰るよ」

 

 

カストロ明け同様に用事が済んだら速攻帰るマチさん。

 

 

ヒソカ
「マチ。逆だから・・・♪

闘う時、相手と場所を選ばないことにした♣」

 

 

マチ
「あそ。好きにしなよ」

 

 

ヒソカがマチの背後に忍び寄る。

 

 

ヒソカ
「旅団(クモ)は・・・ね♪」

 

 

ヒソカの悪意に気付いたマチは反撃しようとするが、バンジーガムで拘束されてしまう。

 

 

ヒソカ
「旅団(クモ)全員に伝えてくれる・・・? 今からどこで誰と遭ってもその場で殺すまで闘るとね♥」

 

マチ
「ざっ・・・けんじゃねェ!!! 今アタシが殺してやる!!」

 

ヒソカ
「イエスってことね♪」

 

 

ブチ切れモードのマチさんの回答にストレッチをじながら応えるヒソカ。

この会話はラモットvsキルアを思い出しますね。

 

 

マチ
「待て!!戻れテメェ!!これ解け殺すぞゴラァア!!」

 

ヒソカ
「甘えてんの? 自分で解いて止めてみなよ♥」

 

 

顔面崩壊し、フィンクスばりに血管が浮き出ているマチだがバンガムの拘束は破れない。

 

ここで場面チェンジ。

次の仕事は

街の中で歩きながら携帯で話すクロロ。

 

クロロ
「ああ、カキンの王族だ。今、一般人の渡航者を募ってる。

王と王子が新大陸を目指すんだが、相当大事なお宝みたいで船内にもってくらしい。

それをいただく」

シャル
「旅行も出来て一石二鳥だね」

クロロ
「そうだな。 ケータイどうする?アンテナ無いけど」

シャル
「大丈夫。 特に使う予定ないし」

クロロ
「そうか、じゃ船で渡すよ」

シャル
「OK。久々に全員集合だね」

 

 

団長が次の仕事(盗み)の段取りをシャルに伝えているようだ。

どうやらヒソカ死亡の確認はシャルたちに任せて自分は天空闘技場からドンズラしていた模様。

 

ヒソカを倒すためとはいえ、シャルのブラックボイスは今後使えなくなったのもポイント。

 

 

 

シャル
(コルトピ遅いな。 ウンコか?)

 

 

公園でコルトピのトイレ待ちのシャルナーク。

おそらく外でマチを待っている間に催したのだろう。

 

 

 

シャルの携帯が鳴り始める。と同時にヒソカが公衆便所から「何か」を持って出てくる。

 

 

 

ヒソカの姿を確認したシャルは携帯を放り投げ、ヒソカにダッシュ。

2016-06-13_100633

 

 

右足がゴムのように伸縮し、その場から一瞬で姿を消すヒソカ。

 

 

ヒソカが持っていた「何か」をシャルは受け止める。

 

 

 

シャル
(コルトピ!!)

 

 

 

ズギャッッ

 

 

 

コルトピの生首だと確認したシャルにヒソカの攻撃がヒット。

 

 

 

ここで場面チェンジ。

 

あと10人

公園のブランコに座らされたシャルとすぐそばに転がっているコルトピの生首にカラスが群がっている。

 

コルトピとシャルナークが死にました

 

 

 

12本足のクモから2本の足がちぎれて落ち、10本足になる描写。

 

ヒソカ(あと、10人・・・・・・♪)

2016-06-13_121149

 

『奇術師、殺戮の行進(パレード)へ。』

 

 

☆ハンターハンター No.357 おわり(^o^)

 

関連記事:ハンターハンターNo.356「残念①」クロロvsヒソカ⑥ アルマジロと化したヒソカ

 

関連記事:ハンターハンター358話「前夜」暗黒大陸行きの船がようやく出港

 

感想とまとめ

 

No.357の流れ。
普通にヒソカが試合に負ける、そして死亡。(デスマッチ)

旅団員がヒソカ死亡を確認。(普通に現場で試合を見てた)

ヒソカがあらかじめセットしていた死後の念で復活。(緩衝材があって良かったな)

ヒソカがマチを拘束し、旅団と遭遇しだい殺すことを伝言してもらう。(強制)

団長が次の仕事の確認。暗黒大陸行きの船に乗るのが決定。(盗賊の鑑)

拘束を解いたマチが電話をかけてくると同時にコルトピ死亡。(ひと足遅かった)

そのままシャルも死亡。(ヒソカが逃げたと判断し、油断した?)

 

 

クロロとヒソカの闘いが始まって今回で7週目になりました。

前回(No.356)で死を覚悟するまで追い詰められたヒソカが「ここからどう逆転するのか」と思っていたのですが、そのまま普通に負けてた残念すぎる。

 

それよりも衝撃なのが、ヒソカの死亡。そして復活。

 

 

久々登場のシャルとコルトピがあっさり死んだのも衝撃でしたけど・・・。

 

 

気になるのは旅団員が現場で試合を見ていたような発言と、

それに気付いたヒソカが旅団狩りの行動にでたことですね。

 

ヒソカは試合に負けたが、死んでない(復活したからセーフ)のでクロロとのデスマッチは継続中といった感じでしょうか。

何だか喧嘩商売っぽいなと感じました。

 

 

次回から別の場面にいきそうな感じですが、ヒソカvs旅団員やって欲しいな~。

 

 

 

関連記事:週刊少年ジャンプを発売日に買いに行くのだるいから電子書籍版で良いんじゃないですかね。

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

元はコミュ障、うつ病でした。
今は、発達障害の人が自立して生きていける仕組みを作るコトを目標に生きています。

プロフィールはここ

お問い合わせはここ

メールマガジンはここ

LINE@始めました\(^o^)/
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です