ドライアイ治療目薬のムコスタ点眼液UD2%は一生さし続けなければならないのか?

スポンサーリンク
PAK752_fuansounimitumeru15041922_TP_V

ドライアイの治療薬であるムコスタ点眼液。

ドライアイには効果抜群。

ムコスタをさせば、ドライアイが軽減されるケースは多い。

 

しかし、ドライアイが軽減されたのは良いが、

この先の人生で、「ムコスタを延々とさし続けなければならない」のでしょうか?

眼科の先生に聞いてきました!

 

ムコスタの効果と副作用はこちら▼

関連記事:ドライアイに効く目薬は胃薬?ムコスタ点眼液の効果と副作用! 

 

本数は減らせる

目薬をさす本数は、減らすことが可能です。

 

私の場合は、朝、昼、晩、寝る前、

一日で合計4本のムコスタをさしています。

 

スポンサーリンク

自己判断で減らす

眼科の先生によると、ドライアイの症状が落ち着いてきた場合は、「自己判断で本数を減らしても良い」とのこと。

 

症状が落ち着いたら、とりあえず3本に減らす。

調子が良ければ2本に減らす。

それでも不快感が無ければ1本に。

 

  • 目指せ0本

最終的には0本を目指せるのだそうです。

 

やったぜ。

 

  • 具合が悪くなったら?

自己判断で本数を減らして、再びドライアイの症状が現れた時は、元の本数に戻しましょう。

 

私は、結構長いことムコスタをさし続けているので、本数を減らすことが許されているのかもしれません。

減らすかどうかは、医師に相談してからやるべし!

 

コスト軽減

点眼の本数が減れば、当然にお薬のコストは軽減されます。

 

  • 4本は1ヶ月で1,360円

ムコスタのお値段は3割負担で、12週間(約3ヶ月)分が3,060円。

眼科で診察を受けるのに1,040円。

合計4,100円。

1ヶ月あたり、1,366円。

 

つまり、ムコスタを一日4本使用する場合は、3割負担で1ヶ月あたりの薬の値段は1,366円だということだ!

 

これが半分になれば、6ヶ月で4,100円。

1ヶ月あたり、683円。

安い。

 

HIRA88_nihikisorottesc20140809134818_TP_V

まとめ

ドライアイが軽減されてきたら、適当に本数を減らす。

本数を減らして、具合が悪くなった場合は、元の本数に戻す。

 

コストも減るし、

点眼の手間も減るのでいいですね。←ここ重要。

 

関連記事:ドライアイに効く目薬は胃薬?ムコスタ点眼液の効果と副作用! 

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です