WordPressにプラグインをインストールして有効化する方法

スポンサーリンク
2016-07-19_162651

 

超初心者向け。

WordPressにプラグインをインストールして、有効化する方法です。

一度覚えてしまえば簡単です。

 

主な流れ

プラグインの検索、インストール有効化は、ワードプレス内で行うことが出来ます。

 

プラグインを検索する

プラグインをインストールする

プラグインを有効化する

プラグインを設定する

終わり(^o^)

 

▼ プラグインを入れる前に、バックアップを取っておきましょう。

関連記事:WordPressのバックアップを取るためのプラグイン「BackWPup」の使い方

 

スポンサーリンク

プラグインの検索画面まで行く

まずは、目的のプラグインを検索するために「プラグインを追加」という画面まで行きます。

 

WordPressの管理画面の左メニュー(ダッシュボード)から、「プラグイン」を探します。

①「プラグイン」にマウスカーソルを合わせると、サブメニューが表示されます。

②「新規追加」をクリックします。

2016-07-19_13h46_33

 

 

「インストール済みプラグイン」からでも、プラグインの「新規追加」ができます。

2016-07-19_13h47_51

 

 

プラグインの検索

プラグインの「新規追加」をクリックすると、「プラグインを追加」という画面が表示されます。

この画面でプラグインの検索ができます。

2016-07-19_15h26_05

 

 

画面右上に「プラグインの検索」と表示されている検索ボックスがあります。

2016-07-19_13h49_01

 

 

検索ボックスに、プラグインの名前を入れて「キーボードのEnterキー」を押すと、検索が出来ます。

目的のプラグインの名前をコピーして貼り付けしましょう。

「WP Show IDs」

2016-07-19_13h49_50

 

 

正しいプラグインの名前で検索すると、上位に表示されます。

プラグインの名前を確認して「今すぐインストール」をクリックしましょう。

2016-07-19_13h52_33

 

 

プラグインの有効化

インストールはすぐに完了します。

 

インストール後に表示される画面で「プラグインを有効化」をクリックします。

2016-07-19_13h52_57

有効はもすぐに完了します。

 

プラグインの確認

インストールしたプラグインの確認。

 

「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリック。

インストール済みのプラグイン一覧が表示されます。

2016-07-19_15h43_55

 

 

「停止」をクリックすると、プラグインを停止することができます。

つまり、「有効化」と表示されている時は、そのプラグインは無効化されています。

2016-07-19_15h48_05

 

プラグインの設定

プラグインをインストールして有効化するだけで、効果が発動するタイプのプラグインもありますが

有効化した後に、手動で「設定」する必要があるプラグインもあります。

 

ちなみに、プラグイン一覧の「編集」ボタンは、ほとんど使いません。

「設定」が必要な場合は、別の項目で設定することが多いです。

2016-07-19_15h48_05

 

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です