PS4のスタンバイモードのメリットと消費電力等のデメリットを解説

スポンサーリンク
2016-07-20_175246

PS4のスタンバイモード。これ有能です。

 

本体の電源切るときに、スタンバイモードにデフォルトでカーソルが配置されてるので、「うざいな」とか思っててすいませんでした!

 

PS4のスタンバイモードは、PSPのスリープモードみたいなもんです。

あと、ブルーレイレコーダーのまるごと録画とか、タイムシフト録画みたいなものですね。

 

私もYouTubeその他ネットから収益を出してますが、スリープモードはスグに作業に戻れるのでホント便利です!

 

 

 

本体の自動アップデート

スタンバイモードにしておけば、アップデートがあった時に勝手にやってくれます。(設定あり)

 

これはスーパーメリットです。

予期せぬアップデートで、時間を無駄にしなくて済みますから。

 

 

アップデート待ちは萎える

PS4のアプデ待ち時間って結構萎えますよね。

 

 

さー、ゲームやるぞー^^

 

ピッ!(PS4起動)

 

「アップデートがあります」

 

えぇ・・・

 

 

こんな感じで、「興が削がれた」経験は誰でもあるはず。

ゲームする気マンマンで家に帰ってきたりとか、ノリノリでPS4を起動した時に、アプデがあるとやる気が無くなっちゃいます。

 

スタンバイモードにしておけば、「寝てる時」だろうが「外出中」だろうが、自動でアップデートしておいてくれます。

アプデ待ちで萎えるのを防げます。

 

 

あなたは、1日何時間ゲームをしますか?

 

貴重な時間を切り詰めて、何とか2時間を確保しています!(キリッ)

 

 

ゲームしようとして、予期せぬアップデートがあったらどうしますか?

 

受けて勃つ!

 

 

PS4のスタンバイモードを使いこなして下さい(良心)

 

 

1日は24時間しかありません。

 

「何とか捻出した貴重な2時間」のうち、アップデードに30分(仮)を割くのは得策ではありません。かなりの非効率です。

寝てる時とか「ゲームやってない22時間」のうちに、アプデやっとけば良いだけの話ですから。

 

スポンサーリンク

ゲーム側のアップデートにも対応している

「プレステ4本体のアップデート」はもちろん、「ゲームソフトのアップデート」にも対応しています(PSNプラス加入必須)

 

 

本体のアップデート終わった!さあ、ゲームやるぞ!

 

「ゲームデータのアップデートがあります」

 

もう寝ようかな。

 

 

本体アプデとゲームアプデのダブルアプデ萎えを防止できます。

 

 

ちなみに、スタンバイモードのままアップデートしてくれます。

「ピピッ」と鳴って、PS4本体が起動することは無いので、睡眠中も安心。のはず。(未確認)

 

スタンバイモードの設定はこちら

↓↓↓↓↓↓

神機能!PS4のスタンバイモードの設定と自動アップデートの設定方法!

2016.07.20

 

外出先からゲームのダウンロードが出来る

外からスマホやPCで「PSストア」にアクセスして、目当てのゲームをPS4にダウンロードすることができます。

 

自動アップデートと同様のスーパーメリットです。

考え方は、自動アプデと同じく、貴重な時間を無駄にしないことを念頭に置いています。

 

 

ゲームをダウンロードしておく

外出先から、パソコンやスマホを使って「PSNストア」にアクセスします。

 

家でPS4を起動して、PSストアにアクセスしてから、購入手続きをしなくても良いのですか?

 

 

はい。 スマホ等で「PSストア」にアクセスして下さい。

欲しいゲームや、体験版を購入すると、家にあるPS4がダウンロードを開始してくれます。

 

出先からのゲームのダウンロード方法はこっちに書きました。

↓↓↓↓↓↓

神機能!PS4のスタンバイモードの設定と自動アップデートの設定方法!

2016.07.20

 

クレジットカードも登録しておけば完璧。(いちいちウォレットにチャージしなくて済む)

 

関連記事:【PSストア】PSNでウォレットに自動チャージする方法(クレカ使用)

 

 

つまり、「家に帰れば、速攻でゲームが遊べる」というわけだ!

 

家に帰ってからダウンロードを開始すると、「遊べる時間」が減ってしまいます。

「混みあう時間帯のダウンロード待ち時間」は回避しましょう。

 

スタンバイ状態でダウンロード出来る

自動アプデと同じく、スタンバイモードのままでゲームをダウンロードしてくれます。(確認済み)

 

実際にやってみると、

「え、これ本当にダウンロードされてるの?」

と、不安になりますが、大丈夫です。

適当な無料体験版などで、ダウンロードを試してみてください。

 

とりあえず、ポチった瞬間にPSNアカウントのメールアドレスに通知が来ます。(DL開始されるかどうかは置いておいて)

Gmailがオススメです。

 

ゲームの発売日を迎えた人たち

ゲームの発売日にどうやってゲームを手に入れるのか、考えられるパターンをご用意しました。

 

▼ 3時の休憩時間に、インタビューした解答。

 

↓ パッケージ版

仕事帰りに、適当な店でゲームソフトを買って帰ります。

 

↓ パッケージ版(店舗予約勢)

少し遠いですが、予約したゲームショップに寄ってから帰ります。

 

↓ パッケージ版(Amazon予約 店頭受け取り勢)

帰り道にあるコンビニで、ゲームソフトを受け取ってから帰ります。

 

↓ パッケージ版(フラゲ勢)

帰ってから、昨日の続きをやります。

 

↓ ダウンロード版

家に帰ってから、ゲームを購入してダウンロードを開始します。(事前ダウンロード無し)

 

↓ ダウンロード版(PS4スタンバイモード)

お昼休憩に、PSストアでダウンロード版を購入しました。(スマホ経由)

 

結果は、お察し。

 

 

コントローラーの充電が出来る

地味に重要。

 

PS4の電源を切ってしまうと、コントローラーの充電が出来ません。

スリープモードにしておけば、充電することが可能!

 

ゲームプレイ中に充電が切れて、

コントローラーにUSB刺したままプレイする苦痛から開放されます。

 

コントローラ充電の消費電力

気になる電気代。

 

実はこの充電機能が一番消費電力を食います。 といっても、スタンバイモードの機能をほぼ全開放して月額100円程度の消費電力ですが。

時間設定が可能なので、安心して良いです。

 

 

ゲームの起動が早くなる

こちらも素晴らしいメリット。

 

ゲーム(アプリケーション)の中断機能と、スタンバイモードを組み合わせることで

PS4起動からゲーム開始までの時間が短縮されます

 

スリープモード使用前

PS4起動

PSロゴ表示

ゲームソフトにカーソルを合わせて選択

ゲームソフト起動

ロゴ表示

セーブデータロード

タイトル画面

ゲームモード選択

ゲーム開始

 

タイトル画面まで約60秒。

モード選択からゲーム開始まで80秒。

 

スリープモード使用後

PS4起動

ゲーム再開

 

ゲーム再開まで約13秒。

 

これはめちゃくちゃ早いよ。

 

PSVITAなどと同様に、ゲームを好きな所で中断して、

ゲームを再開する時は、中断した所からスタート出来る。

 

これは設定しておくべき。

 

未確認だが、

ゲームのアップデートがあった時や、
オンラインのゲームでは、接続が切れてタイトル画面に戻されてしまう。
と思われる。

 

オンラインゲーム中にスタンバイモードに移行した後にゲームを再開するとこのようになる。

強制的にタイトル画面へ。

2016-07-22_115157

 

セーブを忘れる

デメリットその1。

セーブするのを忘れてデータが消える。

 

バッテリー起動のPSPと違って、PS4はコンセントを刺していないと起動しない。

つまり、スタンバイモードでいつでも中断できるのを良いことに

セーブをサボっていると、停電などが起こった時に全てが水の泡と化す。

 

オートセーブ機能があるゲームはともかく、

手動でセーブを行うであろうRPGなどは注意が必要だ。

セーブしてからスタンバイモードに移行しよう。

 

PS4スタンバイモードの消費電力

デメリットその2。

スタンバイモードによるプレステ4の電気代はいくらかかるのか?

 

スタンバイモード状態は「2~10W」。

ゲーム起動中は「230~250W」となっている。(最大)

 

スタンバイモードの電気代

スタンバイモードをフルで使用した場合。(10W)

 

1時間 ⇒ 約0,3円

24時間(1日) ⇒ 約7円

1ヶ月(30日) ⇒ 約216円

12ヶ月(1年) ⇒ 約2,592円

 

1ヶ月で216円程度。

 

ただし、実際には「10Wフルで使うことは無い」ので、

おそらく消費電力は半分以下になると思われる。(コントローラ充電機能に6Wほど食う)

つまり、「1ヶ月で108円程度」という認識で良いはず。

 

  • アプデ中

スタンバイオード中に「自動アップデートが行われている時」は、70Wの消費電力らしい。

アプデが1時間なら2~3円といったところだ。

気にしなくて良い。

 

ちなみに扇風機を1時間使用した時は約1円。

エアコンなら約10円。

 

ゲームプレイ中の電気代

常に250Wでフル稼働した場合の電気代。

 

一時間プレイ ⇒ 約7,5円

二時間 ⇒ 約15円

四時間 ⇒ 約30円

二時間を1ヶ月 ⇒ 約450円

 

毎日二時間プレイしても450円程度。

常に消費電力がマックス(250W)とは思えないので、

実際にはもう少し少ないと思われる。

 

  • アプデ

家に帰ってPS4の電源を入れてからアプデを実行すると

250Wだから1時間で7,5円かかる。

待ち時間に加えて電源を点けてからアプデを実行するため、

消費電力的にもよろしくない。

 

モデルによる違い

古いモデルのPS4と新しいモデルで少し消費電力に差が出るが、大差は無い。

旧型=250W

新型=230W

 

まとめ

自動アプデ。

出先からゲームダウンロード。

コントローラー充電。

ゲームの中断機能。

 

時間の節約というメリットが強力すぎる。

消費電力は大したことないので、常時スタンバイモードにしておきましょう。

 

 

パソコンもそうですが、常にスリープモードというのもマズイです。

一週間に1回とか、二週間に1回とか、何か基準を設けて、たまに再起動(リセット)をかけた方が良いと思います。

 

 

「PS4の寿命が縮むんじゃねーか?」

とか、そういうのが気になる人は諦めて毎回電源を切るしかないですね。

寿命が縮むので、PS4でゲームをするときは、1時間でやめるクセをつけるしか。

 

毎回電源を切るのも、負荷が大きいと聞いたことがありますし、詳しくは分かりません。

 

 

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です