神機能!PS4のスタンバイモードの設定と自動アップデートの設定方法!

スポンサーリンク
2016-07-20_203203

 

スタンバイモードの設定と、自動アップデート設定と、外出先からスマホ経由でPSストアのゲームをダウンロードするための設定方法を解説。

スタンバイモードは、はっきり言って死ぬほど神機能。

 

あと、出先からダウンロード開始できるのはマジで素晴らしい。

私は引きこもりだから、ほとんど外出しませんけどね。

ネットで稼いでるから、あんまり出なくて良いんだけどw

 

スタンバイモード等の設定は、一回やっておけば、時間の短縮に繋がるので設定しておきましょう。

 

 

スタンバイモード機能設定

PS4を起動しよう。

 

PS4のホーム画面から「設定」を選択。

2016-07-20_154951

 

 

「省電力設定」を選択。

2016-07-20_155016

 

 

「スタンバイモード中の機能を設定する」を選択。

2016-07-20_155643

上下の項目を設定しておくと、寝落ちした時に消費電力を節約できる。

 

 

「インターネットに接続したままにする」にチェックを入れよう。

というか、全部チェック入れておくのがオススメ。詳しくは次の項で。

2016-07-20_155725

 

スポンサーリンク

スタンバイモード機能解説

迷ったらとりあえず全部にチェック入れておくのがオススメ。消費電力とかは大したこと無いので。

 

①USB端子給電

スタンバイモードに移行してから、「コントローラーの充電を何時間するか」を設定できる。

「コントローラーは2時間程度で充電が完了する(0からフル充電)」ので、3時間にセットしておこう。

 

この項目の消費電力は6~7Wらしい。

この機能を3時間でOFFに設定しておくと、それ移行は電力の消耗を軽減できる。

 

「コンセントで充電できる機器」をお持ちの場合は、この項目はOFFにして構わない。

 

②インターネットに接続したままにする

これにチェックを入れていないと、自動アップデートや出先からのゲームダウンロードが出来ない。

絶対にチェックを入れておこう。

消費電力は2~3Wらしい。

 

③ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる

詳しく調べていないが、自動ダウンロードや出先からのダウンロードには関係がない。

チェックは外しても構わない。

 

④アプリケーションを一時中断したままにする

ゲームを途中で中断できる。

次にPS4を起動した時に、中断した所からゲームを再開できるという神機能。

消費電力は1~2Wらしい。

 

▼電気代とかはこっちに書きました。

PS4のスタンバイモードのメリットとデメリットを解説

 

自動ダウンロード設定

必須項目。

 

設定画面に戻って「システム」を選択。

2016-07-20_155745

 

 

「自動ダウンロード」を選択。

2016-07-20_155755

 

 

下の3つ全てにチェックを入れておこう。

システムアプデとゲームアプデのダウンロードとインストールやら

面倒なのを自動で全部やってくれる神機能。

2016-07-20_155812

一番上の「おすすめコンテンツ」は、ウザかったらチェックをはずしても構わない。ホーム画面がスッキリするかも?

 

一番下の「アプリケーションのアップデートファイル」にチェックを入れておくと、

ゲームのアップデートがあった時に自動でやってくれる。(PSプラス加入必須)

 

いつも使うPS4として登録する

いわゆる機器認証。

「いつも使うPS4として登録」をしておかないと、スマホ経由からの操作でゲームのダウンロードが出来ない。(PS4からは出来る)

 

ホーム画面から「設定」を選択。

2016-07-25_092302

 

 

「アカウント管理」を選択。

2016-07-25_092639

 

 

「いつも使うPS4として登録する」を選択。

2016-07-25_092651
スポンサーリンク

 

 

「登録する」を選択。

2016-07-25_092703

作業完了\(^o^)/

 

 

機器認証をやっておかないと、スマホからPSストアで商品を購入してもダウンロードが始まらない。

機器認証をしろと表示されてしまう。

2016-07-25_101352

 

 

スタンバイモードにする

スタンバイモードは、普通にPS4をオフにする要領でスタンバイモードを選択すればOKだ。

 

間違って電源を切らないようにしよう。

2016-07-20_190037

オススメは、PSボタンを長押しして「クイックメニュー」を出現させてから「スタンバイモードにする」を選択するやり方。

ゲームの中断機能を使う場合は、こちらの方が有効なので、慣れておこう。

 

出先からスマホで体験版のダウンロード

出先からスマホ操作で、PS4の体験版をダウンロードできる。

パソコンでもほぼ同じ。

 

いつ配信されるか分からない「体験版」には特に有効だ。

家に帰ったらすぐに遊べるように、出先からダウンロードをしておこう。

 

 

PSストアに行って、目当ての体験版をタップ。

PSストアはいつでも行けるように、スマホでブックマークやお気に入り登録しておこう。

2016-07-20_190106

一応、PSストア用のアプリもある。

アイフォン  PlayStation®App 

アンドロイド PlayStation®App 

 

 

「体験版」をタップ。

2016-07-20_190117

 

 

「購入する」をタップ。

2016-07-20_190128

 

 

「お使いのPS4にダウンロード」をタップ。

2016-07-20_190141

 

 

「ダウンロード待機中」と表示されればOK。

作業完了だ。

2016-07-20_190155

 

 

後は、お家のPS4が勝手にダウンロードを開始してくれる。

家に帰る頃には、余裕でダウンロードは完了しており、速攻で遊べるという手筈になっている。

 

 

家に帰ってPS4を起動すると、こんな感じ。

2016-07-20_193648

 

 

↑ ちなみに、このゲーム(KOF14)のゲーム容量は「3,1GB」。

家に帰ってからダウンロードを開始したら、

飯食って風呂入ってもダウンロードが終わってないかも知れない。(混みあう時間帯の場合)

  • 平日の昼間で計測

3.4GBで約30分程度。 16GBで2時間程度でした。 夕方~夜はアクセスが集中して、かなり時間がかかると思われます。

 

 

もちろんダウンロード版(製品版)を買う時には、あらかじめウォレットのチャージをしておく必要があるが、

チャージを忘れた時や、サクッとウォレットにチャージするために、「自動チャージ」も設定しておくと良い。

 

関連記事:【PSストア】PSNでウォレットに自動チャージする方法(クレカ使用)

 

楽天カード申し込みのやり方(2017年最新版)【楽天パンダデザイン(^o^)】

2017.08.06

 

 

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
お問合わせはコチラ。 ↓↓↓↓↓↓

お問合わせはお気軽にどうぞ\(^o^)/
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です