大人の発達障害を診断してもらおう

診断するときにあると良いアレ

OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V

発達障害には
注意欠如・多動性障害(ADHD)や
アスペルガー症候群(ASP)など、
いろいろとあるのですが、

大人になってから始めて
病院の先生に診断をしてもらう時には
幼少時代のデータが残っていると
有効な場合があります。

基本的に発達障害の特徴というのは
幼少時代から出ているものなので
子供の頃の性格や価値観、特性など
現在の状態と照らし合わせて
総合的に判断するもののようです。

 

 

 

成績簿はどこに・・・

私が初めて診察を受けた際も、
心療内科の先生に
子供のころの成績簿などを
判断材料として求められました。

私は自分の家の中を探し回りました。
親にも成績簿をどこにしまったのか
聞き出したりしていました。
自分で言うのもなんですが
この時の行動力は凄かったです。

しかし、15年以上前の成績簿だったので
どこにしまったのか見当もつきません。

個人的には成績簿などは
親が大事にしまっているものだと
何となく思っていたのですが、
ウチの親は要らないと思ったら
ガツンガツン捨てていくタイプなので
おそらく成績簿はもうこの世に存在しないでしょう。
/(^o^)\

結局、成績簿は見つかりませんでした。

子供の頃のことなので
私も親も成績簿の内容は覚えていません。

基本的に成績が悪かったのは覚えています。
捨てられて当然か(笑)
小学校時代はまだマシだったのですが
中学校くらいから勉強についていけなくなっていました。

高校の時に数学で20点取って(100点満点)
クラスで一位の成績だったのは良い思い出です。

唯一、図工の成績が良かったのは、
親譲りの手先の器用さか、
自閉症特有のサヴァン症候群なのか、
それともADHD特有の興味の強さなのか・・・。

親父はイマイチ覚えていない。
義母はほとんど家にいない。
私を育ててくれた祖父母も、もういないしで
私の場合は過去のデータはほとんど無い状態でした。

この記事を見ている親御さんたちは
子供さんの成績簿は
大事にしまっておいてくださいね!

スポンサーリンク

 

面談とアンケート

私の場合はアンケート用紙のようなものを
本人用と親用で2枚渡されました。

内容はチェックボックス式の回答と
小学校~大人になるまでの
気になったエピソードを
テキストボックスに書き込むものでした。

自分の過去を振り返ってみると
結構いろんなことがあったなと
意外と思い出せます。
自分のライフワークを発見するためにも
みなさんもやってみてください。
トラウマが思い出させる危険があるのでご注意を(笑)

うちの親は昔のことはあまり思い出せないようでした。
親御さんは自分の子供さんが
何か特殊な行動をしたときは
普段からメモをするようにしておくと良いかもしれません。

アンケートその結果と
医師と本人の面談で
総合的に診断されました。

私の診断名は注意欠如・多動性障害(ADHD)です。
他に自閉症とアスペルガーの傾向も強いです。

 

 

診断できる医師の存在

大人の発達障害は
最近増えてきているらしいのですが、
悲惨なことに、
大人の発達障害を診断できる先生は
現状では少ないらしいのです。

私はたまたま近くにあった心療内科に
大人の発達障害を診断できる先生がいらしたのですが

これから発達障害の診察をしてもらう場合は
心療内科や精神科のある病院などに
大人の発達障害を診断できる先生がいるかどうかを
きちんと確認してください。

いきなり診察してもらいに行っても
診断できる先生がいなかったら終わりです。
それと、予約をしないと見てもらえない場合が多いので
確認をしておきましょう。

 

 

診断してもらって楽になろう

PPS_hirobanooyako_TP_V

自分や家族が発達障害かもしれないと思ったら、
病院に行ってみてください。

私の場合は悩みが打ち明けることで
楽になりましたし、
自分がそういうものなんだと把握できて
ほっとしたことを覚えています。

 

【再現ドラマ】成人期ADHD 当事者 執行泉さんの半生▼

 

悩んでいるなら早めに打ち明けましょう。

成績簿を探しておいたり、
診断できる医師と予約の確認をしたり、
あらかじめ面談で話すことをメモしておいたり、
親と一緒に面談を受けに行くのも良いかもしれません。

 

 

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

元はコミュ障、うつ病でした。
今は、発達障害の人が自立して生きていける仕組みを作るコトを目標に生きています。

プロフィールはここ

お問い合わせはここ

メールマガジンはここ

LINE@始めました\(^o^)/
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です