WordPressの記事に自動で目次を表示してくれるプラグイン『Table of Contents Plus』

スポンサーリンク
2016-07-27_151924

 

ワードプレスの投稿記事に目次を付けたいときはコレ。

Table of Contents Plus』プラグイン。

 

ワードプレスに突っ込むだけで、自動で見出しの目次が表示されます。

自動でやってくれるので、過去の記事を含めた全記事に目次を表示してくれます。

 

読者様からすれば、記事を読む時に目次が有った方が便利なはず!

 

▼ プラグインを入れる前に、バックアップを取っておきましょう。

関連記事:WordPressのバックアップを取るためのプラグイン「BackWPup」の使い方

 

↓目次はこんな感じのやつ。

Table of Contents Plus』を導入しよう

「突っ込むだけ」=「プラグインをインストールして有効化するだけ」でOKです。

超簡単。

 

↓こんな感じのやつです。

2016-07-26_112654

 

有効化した後に、細かい設定も出来ます。

 

関連記事:WordPressにプラグインをインストールして有効化する方法

 

スポンサーリンク

Table of Contents Plus』導入後は自動で目次を表示

インストール有効化をぶっこいた後は、このようになります。

 

最初の見出しの上に目次が表示されます。

目次をつけると、自分の見出し名の酷さにビビる。

2016-07-27_150333

プラグイン後

 

 

投稿編集画面での見出し2(H2)と、見出し3(H3)が対応しています。

2016-07-27_152020

ワードプレス投稿画面

 

 

投稿プレビューではこんな感じ。

2016-07-27_154826

投稿プレビュー

もちろん見出し4移行も使えます。

 

目次の見出しからジャンプできる

目次の見たい項目をクリックすると、そこの見出しにジャンプできます。

 

目次の2つ目の見出しをクリックすると。

2016-07-27_154937

見出しをクリック

 

 

目的の見出しにジャンプできます。

2016-07-27_155027

目的地にジャンプ

目次からジャンプした時に、「アドレスが違う」のがお分かりでしょうか?

 

 

このアドレスをキープしておけば、

自分のブログ記事のリンクから、リンク先の記事の「見出し」の場所にジャンプさせることができます。

 

▼サンプル

外出先からスマホ操作でPS4のゲームがダウンロードできるぞ!

 

記事の特定の箇所に飛べるので便利です。

 

Table of Contents Plus』の設定場所

目次をカスタムしたいときは設定をいじりましょう。

 

 

ワードプレスの管理画面から「設定」→「TOC+」を選択。

2016-07-27_150705

TOCプラス

Table of Contents Plus ← ティーオーシープラス!

 

 

こちらが設定画面です。

これはデフォルトのままです。

2016-07-27_151229

デフォルト設定

 

私はデフォルト設定のままで使っています。(^o^)

 

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です