【ハンターハンター】カストロvsヒソカの「メモリの無駄遣い」を考察!

スポンサーリンク
2016-08-06_184244

 

なぜ、カストロさんはヒソカさんに敗北してしまったのか。

答えは、ヒソカさんの言うとおり、容量(メモリ)の無駄遣いをしたからです!

 

メモリの無駄遣いの真意は、どういう意味なのか考察していきます!

 

得意系統

この漫画では、念の系統が6つあります。

 

生まれつき、一人の人間に1つの得意系統が決まっています。

問題は、決められた系統によって、その他の系統の習得率が変わってくることです。

 

習得率

強化系のカストロさんは、「強化系を100%」習得できます。

「変化系と放出系は80%」、「操作系と具現化系は60%」の習得率になります。

 

ここまでは良い。

 

威力と精度

実際には、覚えた能力でも「威力と精度が習得率と同じ割合で減少」します。

 

強化系のカストロさんの場合は、「強化系は100%のまま」ですが、

変化系と放出系は、「80%のうち80%の威力と精度しか出せない」ので、64%になります。

操作系と具現化系は、「60%のうち60%の威力と精度しか出せない」ので、36%になります。

 

自分から遠い系統は、頑張って覚えても威力がカスになってしまいます。

 

スポンサーリンク

スキルポイント

さらに、ヒソカさんが言うには、覚えられる能力には容量(メモリ)があります。(個人差あり)

ここでは、分かりやすく「能力=スキル」とします。

 

ヒソカさんは「カストロさんがダブルの能力を覚えたことで、容量(メモリ)が足りなくなった」と言っています。

 

2016-08-06_184329

 

これは、ダブルという複雑なスキルを覚えるために、

「スキルポイントをほとんど使ってしまった」ので、強化系のスキルが覚えられなくなったということです。

 

2016-08-06_194024

 

分かりやすく、カストロさんの「スキルポイントの上限が30」だとします。

強化系にとりあえずスキルポイント10使って極めておいて、他の能力を覚えれば良かったのですが、

精度3割のダブル覚えるのに、放出、操作、具現化にスキルポイント25くらい使っちゃった感じ。

 

残念

非常に残念です。

 

カストロさんがどんなに頑張っても、操作と具現化は「3割程度」しか会得できません。

 

強化系のカストロさんが、「100%の努力で強化系を100%会得できる」と仮定しましょう。

操作系を会得しようとして、「100%の努力で36%しか会得できない」のだとしたら、「無駄な努力ご苦労様」としか言いようがありません。

 

どうしても自分に必要な能力なら仕方ないですが、これは、非常に非効率です。

自分から遠い系統は、「覚えるのも難しい」と思ったほうが良いでしょう。

 

しかも、カストロさんは、難易度の高い複雑な能力を習得するために、全てのスキルポイントを才能を使いきってしまいました。

ヘタな器用貧乏よりもひどい。

 

それでもカストロさんは、その他大勢のプロハンターよりは遥かに強いでしょう。

それだけに残念です。

 

容量(メモリ)の無駄遣い

もし、カストロさんが普通に強化系を極めていたら、

ヒソカさんの手元から離して「威力が落ちたバンジーガムで飛ばしたトランプ」がドスドス刺さることもなかったでしょう。

 

ゴトーさんとヒソカさんが戦った時も、「トランプ攻撃や跳ね返したコイン」は囮でした。

ゴンとナックルが戦った時も、「グーを当てるためにパーを囮」に使いました。

 

カストロさんは、本来は囮の攻撃であるトランプでやられました。

スポンサーリンク

まさかあれで死んでいたとは驚きでしたが、ヒソカさんが「踊り狂って死ぬ」と言っているので死ぬのは避けられませんでした!

 

2016-08-06_194439

 

それくらい「強化系の習得がお粗末だった」ということですね!

 

まとめ

カストロさんは、ダブルを覚えたから強化系が覚えられなくなったから負けた。

つまり、敗因は容量(メモリ)のムダ使い。

 

ポックル氏も言っていましたが、「自分の系統」と「自分の志向」が運良く一致しないと、効率のよい能力にはなりません。

強化系の能力者なのに、操作や具現化に興味があったら、そっちを習得してしまうということです。

 

原因の1つとしては、ゴンやキルアのように優秀な師匠がいなかったことですね。

ベジータがカカロットを超えられない理由と似たようなものを感じます。

 

メモリの無駄遣いを理解した後で、もう一度カストロvsヒソカを読んでみてください。

最初の掛け合いが結構笑えますよ。

2016-08-06_191744

 

「誰が強くなったって?」

 

 

現実

念能力は、基本的にスキルポイントの振り直しが出来ないのでしょう。

しかし、現実世界では、そんなことはないと思います。

 

現実世界でも系統は少なからずあります。

 

出来れば、自分の得意な系統が活かせる仕事に就くと良いですが、現実には水見式なんて便利なものはありません。

分からない時は、とりあえず「好きなことや興味のあること」をやってみるのが良いですね。

 

カストロさんと同じく、好きなことなら努力は惜しまず出来るはずです。

 

自分の系統と噛み合ってない場合は、あまり良い結果は出ないかもしれませんが、

そのうち才能が開花することがあるかも知れませんよ。

 

 

(C)「HUNTER×HUNTER」1999-2013年 POT(冨樫義博)/SHUEISHA

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
お問合わせはコチラ。 ↓↓↓↓↓↓

お問合わせはお気軽にどうぞ\(^o^)/ お問合わせは、管理人にみに直接メッセージが届きますの。お問い合わせに記事URLを貼り付けるか、何の記事に対してのお問い合わせかをメッセージに書いてください。 記事へのコメントはもう少し下にあります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です