【ハンターハンター】ヒソカさんの「あー困るね♠(汗)」発言を考察

スポンサーリンク
2016-07-19_214809

 

ヒソカさんが選挙編で見せた「あー・・・困るね♠(汗)」という発言。

彼らしくない、弱気な発言ですよね。汗をかいているシーンも貴重。

 

そして、「死を享受しているクロロ」と比べると、何とも格が落ちてしまう。

今回は、ヒソカ・モロー氏の、選挙編での弱気発言について考察していきます。

 

クロロとの対決前

やたらと弱気なのは、「選挙編の時点で『団長とのデートの日』がすでに決まっているから」。という前提で話を進めていきます。

これを前提にすると、だいたい解決します。

 

▼デートの日についての考察は、こちらの記事をお読みください。

関連記事:【ハンターハンター】なぜヒソカは選挙編でおヒマだったのか?

 

念願のクロロとデートの日が決まって、ウッキウキで待つヒソカさん。

おヒマだから、選挙に行って、次の獲物を品定めをするわけですが、そこでイルミとばったり会う。

 

「ゴンとキルアが死ぬかもしれない」と、イルミが言うので、詳しく話を聞いてみることに。

 

スポンサーリンク

お願いとおねだり

アルカの「お願い」と「おねだり」の件について、詳しくはコミック(31巻)を参照。

 

一応、ざっくり説明。

蟻編のおかげでゴンが死にかけているので、キルアが「アルカの能力」を使ってゴンを元に戻そうとしている。

「アルカの能力」は、「お願い」をすることで、何でも叶えてくれる。その代償としてアルカの「おねだり」を叶えなければならない。

 

アルカの「おねだり」は「お願い」のレベルに比例する。ゴンを元に戻すという「お願い」の代償である「おねだり」は、命を要求されるレベル。

 

「お願い」をした人間が「おねだり」をされることはないので、キルアが「アルカにゴンを元通りにするお願い」をすれば問題ない。(おねだりは他人になすりつけ)

 

でもキルアは、手順を逆にする。ゴンは、他人を犠牲にして自分が元に戻ったとしても喜ばないからね。

他人じゃなければ、犠牲にしてもいいのかっていうとそうではない。ゴンからすれば、自分が元通りになっても、キルアの命が代償では、喜ばないのは当然。

 

矛盾してるけど、でも、そこは、「蟻編で『ゴンがキルアを除け者扱いした』のが悪い」ので、その代償です。

 

で、ゴンを元通りにするという「お願い」の「おねだり」は、とてもキルア一人で叶えきれるレベルではない。

「おねだり」を叶えきれなかったら、道連れとして、その者と長く共にいた者から万単位の犠牲者が出る。

ここも矛盾してるけど、後でノーリスクだったことが分かる。

 

そこら辺は良いんだけど、キルアがイルミを狩るために、ブシドラその他多くのハンターの犠牲者を出したのが非常に残念。

アルカも、多くの犠牲者を出したうえで、自分が助かっても喜ばないと思いますがね。

 

あー・・・困るね♠(汗)

「キルアと長く共にいた者」から万単位の犠牲者が出る。その中には、ヒソカも含まれる。

 

イルミ
「多分、ヒソカも死ぬよ?」

 

ヒソカ
「あー・・・困るね♠(汗)」

 

2016-07-19_214809

 

念願のクロロとの対決を前にして、死んでいる場合ではない。

 

 

 

「あー・・・困るね♠(汗)」

「おや・・・?ボク死ぬのかな・・・?」

「どうせ死ぬなら・・・試してみるか・・・♥」

 

実際、クロロ戦での死ぬ間際のセリフや雰囲気を見ると、「あー・・・困るね♠(汗)」は、自分が死ぬことよりも、クロロと戦えない事に対しての意味合いが強いということが分かる。

 

いや、もうね、クロロと戦えずに死んじゃうとか「残念」とかいうレベルではない。

ネテロや蟻に対しては「そのちょっとが面倒なんだよね」で切り捨てる彼が、クロロと対決することに関しては、かなりの行動力を見せているから。

 

彼が、クロロと対決できずに、死んでしまった場合、死後の念として一生クロロのストーカーを続けることになるでしょう。

 

ま・・・出来ればだけど・・・◆

「冗談だよぉ♥」はネタにされがちだが、重要視すべきはそこではない。

 

アルカの暗殺依頼をうけたヒソカが、イルミを煽って、殺気を出させてキルアにイルミの位置を伝えるシーン。

アルカを殺ったらゴンが助からないのは確定なので、まだルールが分かっていない段階では、ゴンが助かる保険をかけておく。

 

もちろん、その後、ゴトーさんを始末することで、イルミのご機嫌を取っておく。

 

出来れば、ゴンにも助かって欲しいヒソカさん、オモチャは多いほど楽しいですからね。

「ま・・・出来れば、だけど・・・◆」

 

2016-08-10_094902

 

様子を見ながら、どっち付かずの状態で頑張るヒソカさん。

 

ボク人見知りなんだけど♣

キルアが飛行船で逃げたシーン。数が多いので人手が必要。

 

ヒソカ
「仲間とか呼ぶの?ボク人見知りなんだけど♣(大嘘)」

 

イルミ
「いや、いないし、そんなの

 

2016-08-10_095738

 

人手が増えて、イルミが有利になりすぎないように、人見知りアピールをして妨害。

でも、ぼっちイルミには余計な心配だった。悲しいなぁ。

 

人手は針人間で代用することになりました。

 

地図

キルアの飛行船がバレないように、ドッキリテクステチャーで地図を細工しようとするヒソカさん。

 

この時点では、まだキルア寄り。何とかゴンも助けようと頑張る。

 

ベストなんじゃない?

終盤。キルアとイルミの「取引き」が開始される。

ヒソカさんは、色々頑張ったけど、おもちゃ箱の一部を切り捨てる覚悟を決めなければいけない。

 

「取引き」の様子を見ながら、自分は生き残りつつ、いかに楽しめるかを考える。

「迷うねェ~~~~♥」

 

おもちゃ箱から犠牲を出しつつも、自分の中でのベストを尽くそうとするヒソカさん。

しかし、キルアがアルカのルールをバラし、ノーリスクでゴンを助ける事が出来る事が判明しました。

 

その場を後にし、テラデインを狩って、イルミの依頼はクリア。

最初はどうなることかと思ったけど、結局、彼的には何事も無く選挙編は終了した。

 

彼の不安は、全て解消された。あとは、クロロとの死闘を待つのみとなった。まさに、ベストの状態である。

 

2016-08-10_102849

 

最後の仕事である、テラデインを狩りに行くときのヒソカさんの顔は、少年誌ではとてもお見せできない内容だったと言う。(適当)

 

 

(C)「HUNTER×HUNTER」2011-2013年 POT(冨樫義博)/SHUEISHA

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

プロフィール

お問い合わせ

メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です