BackWPupプラグインで『Dropbox』にWordPressを自動バックアップしてもらおう!

スポンサーリンク
2016-08-17_193653

 

BackWPupプラグインを使って、『Dropbox』にWordPressを自動バックアップしていただく方法を図解で解説いたします。

 

サーバーが飛んでも、オンラインストレージ(クラウドの一種)に保存しておけば安心です。

ブログは資産です! 収益出してくれる不動産と同じです! だから大事です! 不動産は火事になったら終わりです! WordPressもトラブルでデータが飛んだら終わりです! でもバックアップしておけば大丈夫です!

 

▼サーバーにバックアップする方法はこちらに書きました。

関連記事:WordPressのバックアップを取るためのプラグイン「BackWPup」の使い方 

 

スポンサーリンク

BackWPupをインストール有効化しよう

まずは、プラグインのインストール有効化を行ってください。

 

「BackWPup」

2016-08-14_132618

 

▼インストール有効化のやり方は、こちらを御覧ください。

関連記事:WordPressにプラグインをインストールして有効化する方法 

 

BackWPupはプロ版ではなく、フリー版を使います。

 

BackWPupの日本語化

日本語表記で解説を進めていきます。

 

▼日本語化のやり方は、こちらを参考にどうぞ。

関連記事:BackWPupを日本語化する方法!『WordPressバックアッププラグイン』

 

 

BackWPupのジョブ設定(Dropbox版)

WordPressのデータを、自動的に『Dropbox』へ保存するようにジョブ(プラン)を設定します。

 

「BackWPup」→「新規ジョブを追加」をクリックします。

2016-08-17_121643

 

 

「一般」設定

一番左のタブです。

ここでは、データの種類や保存場所を設定します。

 

↓ ①ジョブの名前をつけます。 これは「WordPressのデータをDropboxにバックアップするプラン」なので、分かりやすい名前を付けましょう。例:WordPressバックアップ(Dropboxにバックアップ)

↓ ②保存するデータの種類を設定します。 「データベース(大事な記事データ。軽い)」「ファイル(主に画像。重たい)」「プラグインリスト」にチェックを入れます。

2016-08-17_121839

↑ ③ファイルの名前はデフォルトでOKです。

 

 

下にスクロールします。

↓ ①『アーカイブ形式』は、「Zip」を選択します。

2016-08-17_121856

↑ ②「バックアップファイルの保存方法(保存先)」は、「Dropboxにバックアップ」にチェックを入れます。

 

 

さらに下にスクロールします。

↓ ①『ログファイル』はデフォルトでOKです。 ここには、初期設定のメールアドレスが設定されています。

2016-08-17_121907

↑ ②『エラー』もデフォルトでOKです。 バックアップにエラーが起こった時だけメールが来ます。

↑ ③『変更を保存」します。

 

 

スケジュール設定

左から2つ目のタブです。

ここでは、自動バックアップのスケジュールを設定します。

 

↓ 『ジョブの開始方法』は「WordPressのcron」を選択します。 選択すると、下にスケジュール設定項目が出ます。

2016-08-17_141847

 

 

 

↓ ①『スケジューラタイプ』は「基本」を選択します。 「高度」にすると、細かい設定が可能になります。

2016-08-17_142713

↑ ②バックアップは毎日取ります。 時間は午前5時に設定しました。

 

時間の設定は、あなたのブログのアクセスを解析して、ユーザーのアクセスが少ない時間帯を選んでください。

分からなければ、3~5時くらいに設定しておきましょう。

サーバーへのバックアップと、Dropboxへのバックアップの両方をやる場合は、時間をずらした方が良いと思います。

 

↓ 私のブログでは、3~5時くらいがアクセスが最も少ない時間帯です。(あくまで一例)

2016-08-16_095627

 

 

DBバックアップ設定

3つ目のタブです。

ここでは、一番大事なデータベースのバックアップ設定を行います。

 

↓ ①『バックアップするテーブル』は全部にチェックを入れましょう。

2016-08-17_144609

↑ ②『バックアップファイル名」はデフォルトでOKです。

↑ ③『バックアップファイルの圧縮』は「GZip」を選択します。

 

 

ファイル設定

4つ目のタブです。

ここでは、バックアップするフォルダを設定します。

 

ここはデフォルトのままでいいです。

↓ 上のところに、チェックが入っていればOKです。

2016-08-17_145738

↑ 「除外」と書いてあるところにチェックが入ると、その項目はバックアップされません。 一部の項目はチェックが入っていますが、デフォルトのままでよいです。

2016-08-17_152140 2016-08-17_152154

 

 

プラグイン設定

5つ目のタブです。

ここでは、プラグインリストの設定をします。

 

↓ ここは、全部デフォルトのままでいいです。 私は「ファイルの圧縮」をGZipにしてますが、あんまし意味無いです。

2016-08-17_150733

 

 

宛先:Dropbox設定

6つ目のタブです。

ここでは、Dropboxの認証設定などを行います。

 

Dropboxのアカウントを持っていない人は作成しましょう。

 

Dropboxの認証方法

↓ 「Dropboxの認証コードを取得」をクリックします。

2016-08-17_153437

 

 

 

↓ 「許可」をクリックします。

2016-08-17_153533

 

 

↓ 認証コードをコピーします。

2016-08-17_153638

 

↓ コピーした認証コードを貼り付けます。

2016-08-17_153757

 

 

下の項目を設定していきます。

↓ ①コピー先のフォルダ名を設定します。

2016-08-17_153904

↑ ②『ファイルの削除』は、7日に設定しました。

↑ ③最後に『変更を保存』をクリックします。

 

 

スケジュールのタブで、毎日バックアップを取るように設定しているので、1日1つのバックアップファイルが作成されます。

上記の設定では、Dropboxのフォルダ内には7日分(7ファイル)が保存されます。8日目移行は古いファイルから上書きされます。(1日目のファイルが削除されて8日目のファイルが入る)

 

↓ 『認証済み!』と表示されれば「Dropbox」の認証は成功です。 お疲れ様でした\(^o^)/

2016-08-17_154127

 

 

バックアップをテストする

さっそく、作成したジョブを試してみましょう。

 

メインサイトでやる場合は、バックアップに30分以上かかることもあります。

 

↓ 「今すぐ実行」をクリックします。

2016-08-17_154204

 

 

↓WordPressの管理画面からバックアップする場合はこちら。

↓ ①「BackWPup」→「ジョブ」→「今すぐ実行」をクリックします。

2016-08-16_115752

↑ 作成したジョブのスケジュールや、ファイル設定を変更する時は、「編集」をクリックします。

 

 

↓ バックアップが実行されます。 バックアップ中にページを移動するのはやめましょう。

2016-08-17_154314

↑ Dropboxへのバックアップは27秒かかりました。(テストサイト)

 

バックアップにかかる時間と容量

細かいデータですが、参考にしてください。

 

メインサイトのバックアップ(100記事以上で画像いっぱい)

・フォルダにバックアップ(私の場合はエックスサーバー)の場合は、180秒かかりました。

・Dropboxへのバックアップは、1800秒かかりました。(約30分)

2016-08-17_171003

メインサイトの容量は650MBです。

 

↓ Dropboxの空き容量は2,5GBなので、一週間分もストックできません。ふわああああああ!!

2016-08-17_171048

重たいのは、画像データです。(ファイルのバックアップ)

大事な記事データだけのバックアップなら7MBほどで済みます。(データベースのバックアップ)

一般設定のタブでファイルの種類を

 

Dropboxの保存容量と、ブログのコンテンツ量に合わせて、日数を調整してください。

バックアップファイルの容量が大きい場合は、保存日数を減らすとか。

ファイル(サーバー上のデータ)のバックアップだけ、スケジュール日数減らしたジョブを作成するとか。

「Dropbox」には、データベースのバックアップだけにするという手もあります。

 

 

Dropboxにバックアップされたデータを確認する

Dropboxにアクセスして、バックアップしたファイルを確認します。

 

↓ 「アプリ」を選択。

2016-08-17_172110

 

↓ 「BackWPup」を選択。

2016-08-17_172121

 

 

↓ 「自分で決めたフォルダ名」を選択。

2016-08-17_172222

 

↓ これがバックアップしたデータです。

2016-08-17_182124

 

↓ 右クリックから、「開く」か「コピー」して保存するか・・・。

2016-08-17_194945

 

↓ さらにクリックした先で「ダウンロード」ができます。

2016-08-17_194852

 

↓ 解凍してファイルが出てくればOKです。

2016-08-17_200749

 

おわり

以上でDropboxへのバックアップ自動化設定は終了です。お疲れ様でした\(^o^)/

 

これで、サーバーに何かあっても、あなたのWordPressは安心です!

あとは、外付けハードディスクにデータ保存すれば完璧ですね。

 

 

関連記事:WordPressのバックアップを取るためのプラグイン「BackWPup」の使い方 

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です