【宅建】宅建の勉強時間と成功曲線【2016年の宅建試験】

スポンサーリンク

 

150415002238_tp_v

 

2016年(平成28年)の宅建の本試験日は「10月16日(日)」です。

 

この記事を書いているのは「10月3日」ですから、宅建の本試験日まで、あと2週間を切っています。

本試験の日まで、あと10日程度です。

 

この記事は、中途半端ですが、とりあえず公開されています。

宅建の関連記事

宅建試験の受験申し込みの締め切り期日と写真サイズに気を付けろ!

2016.07.03

2017年の宅建試験の難易度は気にするな!試験日まで過去問まわしとこう!

2016.07.03

【宅建】模擬試験の結果(点数)と合格率について【2016年の宅建試験】

2016.09.22

【宅建】宅建の勉強時間と成功曲線【2016年の宅建試験】

2016.10.03

【宅建】宅建で縛りプレイする奴wwwwwwwww【2016年の宅建試験】

2016.10.04

【宅建】勉強時間の作り方と大事な息抜き【2016年の宅建試験】

2016.10.05

【宅建】本試験の解き方と時間配分と見直しのやり方【2016年の宅建試験】

2016.10.05

【宅建】宅建の受験票と遅刻【2016年の宅建試験】

2016.10.15

【宅建】宅建クリア後のネタバレ【バランス崩壊のバーゲンセール】

2016.10.16

 

勉強時間を増やせば難易度は下がる

「宅建の難易度」ですが、勉強時間を増やせば、難易度は下がります。

 

 

ものすごく単純で、当たり前なコトですが。

 

坊や
「宅建」の難易度じたいは、変動しないのでは?

 

おじさん

「難易度が下がる」というよりは・・・。

勉強時間を増やして「自分のレベル」が上がったので、攻略しやすくなった。

といった方が正しいですね。

 

 

宅建は難易度Bランク(普通)とか言われていますが、難しいです。

ぶっちゃけ、難易度ハードですね。

 

レベル上げもせずに、「宅建に勝とう」っていうのは無理です。

「凡人」が「天才」と「同じ勉強時間」でクリアできるとか、そんな裏技・近道は無いです。

 

補足情報
やりようによっては、「差」を埋められる程度です。

 

 

たぶん、殆どの人が・・・。

「そんなうまい話はない」

とか普段は言ってると思います。

 

しかし、テンパると裏技に頼ってしまうのだと思います。

人間は「楽をしたい」生き物ですからね・・・。

 

「人とは・・・本当に面白いな。」

としか言いようがない。

 

 

宅建は楽勝と言う人

よく、「宅建は楽勝」とか言ってる人がいますが、その人は・・・。

 

  1. 「頭が良い」から楽勝。
    (レベルが上がるのが速い)
  2. 「勉強の仕方」を理解している。
    (レベル上げの作業効率が良い)
  3. 「勉強時間」を大量に確保したから楽勝に感じた。
    (時間をかけてレベルを上げてゴリ押し)

 

おそらく、こういうコトですね。

 

ちなみに、私は3番です。

「勉強時間」を大量に確保したから楽勝に感じた。

 

つまり、3だけでも合格は可能です。

てか、逆に言うと、凡人なら3をしないと合格は出来ない。

 

 

実は、3を習得するコトが一番大事だったりします。

てか、コレがないと、どしようもないです。

 

 

ちなみにですが、3を習得すると、次は2を習得するコトが出来ます。

すると、面白いコトに、今度は1が習得出来ます。

 

いわゆるレベルアップですね。

 

 

勉強しないで合格するのは無理

はっきり言いましょう。

 

マトモな勉強時間もとらずに、合格するのは無理です。

 

 

宅建が難しいのは、最初から分かっているコトです。

「少ない勉強時間」で合格しようとか、甘い考えは捨てましょう。

「何百時間勉強すれば合格できる」なんてのは、誰かが勝手に決めたおおよその目安です。

 

 

私は、このブログの記事で「宅建は、頃す気でやれ」というのは、チラチラ書いてきました。

 

 

限られた時間で、精一杯がんばって勉強して・・・。

それでも「今の時点」で合格する見込みは薄いと感じているなら、仕方ないです。

 

でも、勉強せずに遊びを優先して・・・。

今になって焦っている人は、マジで反省して下さい。

 

 

でも、どちらのパターンの人も、諦めなくて良いです。

「成功曲線」っていうモノがありますから。

 

残り10日を、全力でやっていれば、成功曲線に乗れる可能性は、充分にあります。

仕事休んで勉強しましょう。

 

 

成功曲線とは

昨日まで全然出来なかったのに、次の日になったら、いきなり出来るようになっていた、という例のアレです。

「自転車の乗り方」などが、主なサンプルです。

 

要は、「レベルが上がった」というコトです。

「カンが働くようになった」

「コツを掴んだ」

という表現も同じコトです。

 

コレは、どのジャンルでも当てはまるので、覚えておいて下さい。

この法則を知っていて、

かつ、自分で体感したコトがあれば、途中で挫折するとかいうコトは無くなります。

 

宅建が楽勝なのは、天才か、レベルが高いだけ

宅建に「合格」した人は、「楽勝」「簡単だった」などと言う人は多いです。

 

坊や
なぜ簡単だと思ったのですか?

 

おじさん

「ただの天才」か、「レベルが高い人間」だからです。

 

 

「一級建築士」などのAランク資格を持ってる人(高レベル)が、「ついでに取った」とかいうケースもあります。

 

 

ゲームで例えると、

難易度ハード(Aランク)の後に、

難易度ノーマル(Bランク)をやったら、

カンタンだと思っただけの話です。

 

 

当たり前だよなぁ?

 

 

モンハンに例えると、「G級」を回してるヤツが「上級」で無双するようなモンです。

コイツらは、「装備が貧弱」でも、「短い時間」で上級に勝てます。

 

 

「人生」も、ぶっちゃけゲームと変わらないので、ノーマルに飽きたらハードに行くのは当たり前です。

いわゆるアブノーマルですわ。

ドMとも言う。

ドMに覚醒してから、ドM4凸まで行ければ最強。

 

生まれつきのMは、ある意味「才能」ですね。

「覚醒」しなくて良いから。

後は、限界突破するだけだし。

 

 

すみません。一般向けに例えると・・・。

「バイクを運転できる」人は、「自転車を運転するのは楽勝」みたいなモンですかね。

 

 

そういうレベルの高い人たちが、宅建の「勉強時間の平均値」を下げて来ている。

もしくは、「FP(ファイナンシャルプランナー)」とかの資格持ってて、宅建の一部のジャンルをあらかじめ把握している人ですね。

 

 

勉強時間

宅建にするための勉強時間は「300~500時間」とかよく聞きます。

 

それはあくまで、合格したヤツの「勉強時間」です。

 

100時間で合格するヤツもいれば、

500時間勉強しても、合格できない人もいます。

 

 

「300時間で合格できる」とか言ってる教材とかがあるかも知れませんが・・・。

自分のレベルが低いと自覚している人は、「少ない時間で合格できる」とかいう、甘いコトバに騙されないで下さい。

 

300時間のハズだったのに、「500時間やっても合格出来る気がしない」っていうのは良くあるコトです。

 

 

実際はどうなのか分かりませんが、明らかに少ない勉強時間を提示している教材は、「その教材を売りたいだけでしょ」って感じ。

少ない勉強時間で合格できるという「エサ」で釣っておいて、「来年もまた教材買ってね!」っていう「カモ」扱いですよ。

 

 

成功曲線

私が500時間しか勉強してなかったら、宅建に合格するのは難しかったかもしれません。

 

何でかっていうと、その時の私のレベルでは「成功曲線」に乗るまでに時間がかかるからです。

 

私の場合は、「10年間も勉強していない」というブランクがありましたから・・・。

「成功曲線」に乗るまでの時間は、どうしても普通の人よりも長くかかってしまいます。

 

ここを見ている人は、「高卒以上」の人がほとんどでしょうから、私よりも少ない勉強時間でいけるハズです。

大事なのは、「諦めない」というコトですね。

 

 

ちなみに、今の私が宅建と同じ「Bランクの資格」を取るとしたら、「半分以下」の勉強時間でクリア出来る自信はあります。

 

私の根本的な頭の悪さは、治らないですが・・・。

「勉強のやり方が分かる」「試験勉強じたいに慣れる」

これらを習得した上で、

さらに自分のレベルが上がったからです。

自分に自信がついたからです。

 

 

自分のレベルが上がったというコトは、別のジャンルでも「成功曲線」に乗れるまでの時間も短縮されます。

 

加えて言うと、私の場合は「ブログを運営している」ので、格段にレベルが上がりました。

これは、ハンカチの法則とか、いろんな要素もあるのですが、ここでは割合します。

スポンサーリンク

 

 

とにかく、成功曲線ってモノを知っておいて下さい。

これを知っているかいないか、実際に体感したコトがあるかどうかは、「人生の攻略」にもかなり重要になってきます。

 

これについては、自分で体感しないと分かりません。

口で言うのは簡単ですからね。

 

 

成功曲線を、具体的な数字にしてみます。

宅建の勉強を6ヶ月やるとしたら、学習の進み具合は・・・。

1ヶ月目は「20%」

2ヶ月目は「40%」

3ヶ月目は「60%」

4ヶ月目は「80%」

5ヶ月目は「100%」

6ヶ月目は「120%」

なんて、都合の良いコトにはなりません。

 

そんなモンは、「自分が勝手に思い描いた」間違ったイメージです。

 

 

実際は、こんな感じです。

1ヶ月目は「1%」

2ヶ月目は「3%」

3ヶ月目は「5%」

4ヶ月目は「40%」

5ヶ月目は「60%」

6ヶ月目は「80%」

3ヶ月目あたりで、

「300時間勉強しても、さっぱり分からない」

「今のペースじゃ合格なんて無理!」

と思うのはみんな同じです。

 

だから、みんな途中でやめちゃう。

「オレには無理なんだ」とか言ってね。

あと一ヶ月やれば「成功曲線」に乗っていたかも知れないのに。

ホント、もったいない。

 

 

なんで辞めちゃうのかって言うと、「成功曲線」を知らないから。

その先に行ったコトが無いから。

見たことが無いから。

そういう世界があるってコトを理解してないから。

自分で体感してないから分からないんですよね。

分かるワケがない。

 

 

だから、何かを始めても、すぐに諦めるという「ループ」にハマります。

マジでブレイブルー状態。

 

 

でも、成功曲線ってモノを知っていれば、

最初の数ヶ月は、こんなモンだっていうのを、すでに知っていますから、焦ったり悩んだり諦めたりはしません。

勉強を継続していれば、いつか絶対に「壁」を超える時が来るっていうのを知っていますからね。

 

コレを知っていると、「諦めない」っていうマインドが身につきます。

 

 

これは、「人生の勝ち組」の法則と言っても良いと思います。

「成功曲線」を知らないまま、人生を終えている人なんて大量にいるでしょうから。

 

今は、インターネットが普及して、この「人生の真理」が無料でサクッと手に入ります。

これはマジですごいコトですよ。

 

 

成功曲線を「体感」していて、

ブログやSNSなどの「情報発信」をやっていて、

「ブログが検索上位に表示」されているという、3つの条件が必要ですけどね。

 

自分で体感していないと、理解していないと、テンプレ回答しか書けなくて、記事にしても誰にも響かないですから。

 

 

まあ、成功曲線については、信じるか信じないかは、その人次第です。

心の片隅にでも置いておいて下さい。

 

 

宅建の成功曲線

「成功曲線」にもレベルがあります。

 

宅建の成功曲線は、ざっくり分けると、「4段階」くらいですね。(私が体感したのは)

 

 

第一段階

第一段階は、過去問10年分を、6~7割(30点以上)以上正解できるようになるコトです。

 

過去問で30点取れとか、

「いきなり飛びすぎィ!」

と思った人もいるかもしれませんが、うなずける話です。

 

 

私は先日、押し入れから「宅建の問題集」を引っ張り出して、一年ぶりに見てみたら、

「え、何これは(ドン引き)」

ってなりました。

 

難しすぎです。

こんなモン、分かるわけないじゃないですか。

 

「1回やった」くらいではね。

 

逆に言えば、10回もやれば、俺クラスの無能でも覚えるコトが出来ます。

 

 

たぶん、ほとんどの人は、第一段階まで達せずに、途中で辞めちゃってますね。

 

仮に、200~300時間勉強したら、第一段階まで行けるとしたら、まずはここまで行きましょう。

目安としては、過去問10年分を「5周」くらいでしょうか。

 

おそらく、「3周」やったくらいで、少し問題が解けるようになってくるハズです。(100~200時間くらい?)

 

 

簡単に「過去問10年分を5周」とか、書いてますが、普通にキッッッツイです。

ホント、ゲロ吐きそうになるレベル。

 

クソ楽しくもないテキストと、問題集を眺める作業ですからね。

でも、やっていれば慣れます。

とにかく、慣れましょう。

 

淫夢ネタとか絡めると、楽しく勉強できるんじゃない?(適当)

 

 

第一段階までくれば、合格出来る確率は「50%」くらいはあると思います。

もう、成功曲線には乗っていますから、後は右肩上がりですね。

 

 

第二段階

第二段階は、過去問を8~9割くらい解けるようになるコトです。

 

自分の得意ジャンルにもよりますが、過去問を「7~10周」くらい回せば行けると思います。(うろ覚え)

第一段階をクリアしていますから、過去問を回すのも、そんなに苦痛ではないハズです。

 

 

第二段階までくれば、合格率は「80%以上」は硬いと思います。

過去問を9割がた解けるという事は、過去の試験なら、45点前後の点数が取れるというコトですから。

 

ちなみに、この段階で模擬試験を受けると、「34点」前後の点数になると思います。

 

坊や
第一段階の人は何点なのですか?
おじさん
おそらく、第一段階だと30点以下でしょうね・・・。

 

 

ちなみに、去年(2015年)の試験は、合格点が「31点」でした。

合格していない「85%」の人たちは30点以下です。

 

合格していない人たちは、第一段階か、その成功曲線にすら乗れていないのだと思います。

 

 

第三段階

過去問が9割以上安定。

模擬試験で「40点前後」取れるようになる。

 

この段階まで来ると、ほとんど100%合格だと思います。

 

なぜ、この問題は「×」なのか?

なぜ「○」なのか?

などを考える余裕も生まれてきます。

 

つまり、「問題を解ける」だけでなく、「深掘り」が出来るようになる。

てか、そうしないと「上」には行けません。

 

 

第四段階

過去問が95%以上安定。

模擬試験は、40点以上を安定してキープ。

 

 

第五段階以上も、もちろんありますが、私はそこまでは行けませんでした。

 

 

「宅建を教えられる」講師の方たちは、「第九段階」以上は行ってるんじゃないですかね。

もちろん、講師の人たちにもレベルがあります。

 

テンプレ回答しか流さない人もいるでしょうし、

「初心者にも分かりやすく」例え話などを、交えてくれる人もいるでしょう。

 

 

宅建が「ニューゲーム」の人は、「成功曲線」に乗るまでの時間が長くなるのは当たり前です。

クリアできるまでの「時間」はさらにかかります。

 

 

時間がない!

 

「時間がない!」

「宅建は難しい!」

「自分は頭が悪い!」

 

 

「宅建が難しい」のは、どうしようもありません。

「頭が悪い」のも、すぐには治りません。

「成功曲線」に乗るまでの時間がかかるのも仕方ないです。

 

でも「時間」は、工夫しだいで増やすコトが出来ます。

 

なんとかして「勉強時間」を確保しましょう。

頭が悪くても、宅建が難しくても、「時間」があればクリアできます。

 

 

時間をかけて、成功曲線に乗れば良いだけの話ですから。

問題は、そこに到達できるまでの「根性」があるかどうかです。

 

でも、ココでその情報を知ったのですから、この記事を読んだ人が「諦める確率」は下がると思いたいです。

 

 

宅建の関連記事

2017年の宅建試験の難易度は気にするな!試験日まで過去問まわしとこう!

2016.07.03

【宅建】模擬試験の結果(点数)と合格率について【2016年の宅建試験】

2016.09.22

【宅建】宅建で縛りプレイする奴wwwwwwwww【2016年の宅建試験】

2016.10.04

【宅建】勉強時間の作り方と大事な息抜き【2016年の宅建試験】

2016.10.05

【宅建】本試験の解き方と時間配分と見直しのやり方【2016年の宅建試験】

2016.10.05

【宅建】宅建の受験票と遅刻【2016年の宅建試験】

2016.10.15

【宅建】宅建クリア後のネタバレ【バランス崩壊のバーゲンセール】

2016.10.16
よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
お問合わせはコチラ。 ↓↓↓↓↓↓

お問合わせはお気軽にどうぞ\(^o^)/
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です