【大工】一人親方の弟子になって、一人前の大工さんを目指すルートについて【石頭の親方】

スポンサーリンク
2016-12-26_110359

一人親方の弟子になって、一人前の大工さんを目指す道(ルート)ですね。

 

半人前のクソザコナメクジ大工が、分かる範囲で語っていくので、はいヨロシクゥ!

 

久々の記事更新で調子が出ませんね(^o^)

 

記事を「下書き」で置いておいても仕方がないので、中途半端でも良いから公開していきます。

 

父親の弟子になるルート

私は、父親の弟子になりました。

 

弟子になるハードルは低いです。

 

これは一見良さそうに思えますが、一長一短があります。

 

 

親子だとタメ口になる

弊害その1。

親方がオヤジだと普通にタメ口になるコトがあります。

 

特にお客様(施主)の前では、タメ口は感じがよろしくないので敬語を使いましょう。

 

ちなみに、現場でタメ口で話していると、お客様や他の職人さんたちに

「親子?」

って聞かれることが多いです。

 

まあ、そうなるわなw

 

 

親子ならダメ出しを出来る

弊害その2。

他人の弟子なら黙っていても、親子なら突っ込みを入れるコトが出来ます。

 

ですが、これは「良い面」もあります。

 

なぜなら、「親方には無い発想」というモノが弟子にはあるからです。

違う人間ですからね。

親方が思いつかないような「やり方」を思いつくコトは良くあります。(特に私のような発達障害は)

 

しかし、親方が石頭の場合は・・・。

 

 

石頭の親方

親方が石頭だとどうなるのか?

 

ダメ出しはもちろん、ヘタな突っ込みを入れるコトは許されません。

なぜなら、プライドの塊だからです。

 

誰でも、自分のやり方を否定されたら、気分の良いものでは無いでしょうが・・・。

 

親子なら、ある程度の融通は効きますけどね。

 

 

守破離を徹底する?

基本的には「ダメ出し」は、辞めた方が良いです。

 

なぜなら、弟子は「教えてもらう側」だからです。

黙って親方の言うことを聞くのが原則です。

 

ですが、ある程度の大工の「基礎」を身に着けてしまえば、突っ込みを入れたくなるコトが多くなってきます。

特に、私のようにブログを運営してマインドレベルだけは師匠を上回っている場合は、マジで突っ込みを入れたくなるコトが多いです。

 

どうしても突っ込みを入れたい時は、「提案型」にしましょう。

「こういうやり方はどうでしょうか?」

的なノリで。

 

あとは、親方のやり方を「褒めておく」コトが重要ですね。

 

自分の思いついたやり方を「押し付け」てはいけません。(ガチギレおじさんが発動する)

 

 

さっさと親方を超えよう

どうしても自分の思いついたやり方でやりたかったら、さっさと独立しましょう。

 

石頭親方から盗めるモノは盗んで、クソみてーなやり方はマネしなければ良いだけです。

 

さっさと親方を超えれば良いだけです。

それまでは「辛抱」です。

 

 

「わざと負けるってのは、思ったよりもストレスが溜まるねぇ。」(by戸愚呂『弟』)

 

 

 

 

独立後・・・。

 

「そうか・・・オレはいつの間にか、貴様と同じくらいの強さになっていたのか・・・。」(by飛影)

 

 

 

さらに数年後・・・。

 

「黙れ、鯱(しゃち)。 貴様この数十年、何をしていた。」(by黄泉)

 

 

スポンサーリンク

 

他人の弟子ルートはオワコン

私のオヤジが何年か前に言っていたのですが、「他人の弟子になるルート」っていうのは、近年ではあんまり無いそうです。

 

「他人の面倒とか見ていられない」

 

らしいです。

 

 

ウチのオヤジも、何人かの「弟子を育てるコトを頼まれた」コトがあるそうですが、断ったそうです。

 

まあ、そうなりますよね。

 

 

個人的には、他人の弟子になった方が、「変な甘え」のようなモノが出ないので、良いのかなと思います。(タメ口も無くなるし)

 

ある程度の厳しさがないと、性根が入らないダメなタイプの人間は多いです。

かといって、あまり厳しいと、途中でやめてしまう人達が続出するので、バランスが難しいです。

 

途中で辞める人達については宅建の記事を参考にして下さい!

宅建の記事

 

弟子を持った師匠はガッツリと成長する

 

他の分野でもそうですが、弟子を持つことで自分のレベルが上がります。

 

「人にモノを教える」コトで、自分が一番成長します。

アウトプットの基礎ですね。

 

 

 

分かりやすく例えます。

レベル60になったら一人前の大工だと仮定します。

 

  • 大工レベル60(師匠)
  • 大工レベル1(弟子)

レベル60の大工さんがレベル1の弟子をレベル60まで育てると・・・。

 

  • 大工レベル200(師匠)
  • 大工レベル60(弟子)

という風になります。

 

 

 

人に教えられるというコトは、自分がそのコトを「理解」していないといけません。

 

 

ぶっちゃけ、脳筋プレイで仕事を憶えた石頭の親方だと「教えるのがヘタ」です。(マジで)

ウチのオヤジが良いサンプルです。 これでは、弟子が成長するのは、時間がかかりますね。

 

 

オマケ

ここから先は、暴言を吐いているので、気分を害したくない人は、トップページへお戻り下さい(^o^)

↓トップページ↓

https://thedog8.com/

 

 

「わざと負けるってのは、思ったよりもストレスが溜まるねぇ。」(by戸愚呂『弟』)

 

 

はっきり言います。

わざと負けるのは、マジでストレスが半端ないです。

 

格闘ゲームで、初心者にわざと負けてあげるのとは

 

ぶっちゃけ、オレとか宅建持ってるんすよ。

てことは、二級建築士は取れるんですよ。(難易度が同じランクの資格だから)

二級建築士は受験資格を満たしていませんがねwwww

 

オレが宅建取るのに1.000時間は勉強しました。

おかげで宅建はオーバーキルですよ。(途中から余裕でハイスコア狙いにシフト)

 

宅建の記事はこ↓こ↓

宅建の記事

 

んで、一級建築士も取ろうと思えば取れる。

それくらいの根性と精神力はあります。

「一級建築士の勉強時間が1.500時間? 少なすぎワロタww」くらいのノリ。

 

別に、資格の自慢をしたいワケじゃありません。

 

要は、宅建を取って

  • 「根性・精神力がついた」
  • 「資格を取って自信が付いた」
  • 「ブログをやってマインドレベルが上がった」

ってコトです。

 

オヤジは宅建を持っていません。

昔の宅建なんて、今の時代と比べればイージーモードだったはず。

 

 

宅建クラスの資格を「無理だ」と諦めている「負け組」マインドのオヤジと、

「上」を目指している向上心の塊で一級建築士も狙えるオレとでは、もはや「格」が違います。

 

現場で思いつく「やり方」や「段取り」などに明確な差が出ます。

 

だから、低レベルなやり方や段取りをしているオヤジを突っ込んだりしたいけど、私は基本的には「黙って」います。

 

どうしても突っ込みを入れたい時は、突っ込みを入れるんだけど、オヤジは石頭だから、「理屈」を説明しても「ガン拒否」します。(稀に通る場合もある)

 

なぜなら、オヤジは「理屈」を理解しないで一人前になり、そのまま大工を続けている人だから、です。

 

 

私の尊敬する大工さんが言っていました。

 

「理屈が分からないとダメだよ!」

 

 

マジこれ。

 

 

 

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

プロフィール

お問い合わせ

メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です