「罰が当たる」というコトは、本当にあるのか?

スポンサーリンク
2016-12-26_105945

罰が当たるというコトはありまぁす!

というか、あってほしい。

 

てか、無いとかクソじゃん。

 

舐めた行動しといて、お仕置き無しで野放しにされてるのは、ちょっとね。

 

 

罰が当たるとは、どういうコトなのか?

そもそも、罰が当たるってなんぞ?

 

要は、悪いことをしたから、「お仕置きがある」というコトです。(いわゆる天罰)

 

ウチのばっちゃんが生きてた頃は、「悪いことをすると、地獄に落ちるよ。」と、よく言ってました。

ばっちゃん世代がよく使う、恐怖で教育していく手法ですね。

 

私は、母親がいなかったので、ばっちゃんに教育されて成長しました。

おかげさまで、スクスクと真面目な成長を遂げました。

 

 

オヤジに罰が当たった

ウチのオヤジが一人で大工工事をしている時に、罰が当たりました。

 

具体的には、大工工事の最中に、脚立から落ちてアバラにヒビが入りました。(一本)

 

 

なぜ罰が当たったのか?

主な理由としては、頑張ってる息子(オレ)に対して、暴言を吐きまくったからです。

 

他にもポイントはあります。

  • 息子に対して「顔も見たくない」という発言をかます。
  • 「オレはうつ病持ちだから、あまり暴言を連発されると自殺するかもしれませんよ?」というオレの発言に対して、「好きにすれば?」という発言をかます。
  • 自分の都合の良いコトばかり抜かす。(都合が悪くなったら、前言を撤回する)
  • 自分の悪い癖は一切治そうとしないクセに、オレに対しては直させようとする。
  • ばっちゃんの命日が近いのに、仏壇に手を合わせようともしない。(前日も)
  • 仏壇に供え物をしない。

 

罰が当たるのは当たり前だよなぁ?

 

 

やめろぉ!(ナイスぅ!)

 

 

 

忙しくて安全第一を忘れていたとか、気をつけて作業をしていなかったとか、

そんなチャチなものじゃ断じてねえ。

マジで「罰当たり」というモノのへ片鱗を味わったぜ・・・。

 

 

ぶっちゃけ、細かいコトは、関係ない。

 

要は、ばっちゃんがオレに微笑んでくれたというコトさ。(by雪代縁)

 

 

ばっちゃん、マジでナイス。

 

 

でもやっぱり、ばっちゃんは優しいな。

アバラにヒビが一本入るくらいで許して上げるとは、菩薩かな?

 

オレだったら、アバラ3本は折って差し上げるわ。

 

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

プロフィール

お問い合わせ

メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です