なぜ校長先生の話はつまらないと感じるのか?

スポンサーリンク
2016-12-26_104805

たぶん、マインドの話ばっかりしてるからじゃないですかね。(決めつけ)

 

ちなみに、この記事もガッツリとマインドの話をしていくので、はいヨロシクぅ!

 

 

なぜ、校長先生はマインドの話をしまくるのか?

単純にしゃべりたいからだと思います。

 

校長先生級(クラス)になると、まさに「勝ち組」です。

学校の経営者ですよね。たぶん。

 

自分の勝ち組マインド話を、まだ死んだ魚のような目になっていない子供たちに、ガッツリと話たいのだと思います。

 

「お前らも、頑張って勝ち組になれよ!(^o^)」的なノリで。

 

 

ようつべでやればいいんじゃないですかね。

今の時代は、ネットが普及してますからね。

 

あのさぁ・・・。

オ○ニー話がやりたいなら、ブログで書くなり、YouTubeで公開すればいいんじゃない?(提案)

 

スポンサーリンク

 

なぜ校長先生のスピーチはつまらないと感じるのか?

お待たせ! こ→こ↓がこの記事のメインディッシュです。

 

なぜつまらないのかというと、若者たちには「話の意味が分からないから」です。

 

「分からない話」がつまらないのは、当たり前だよなぁ?

 

 

小学生に難しい話が、分かるハズ無いじゃないですかァァ!

じゃあ、校長はソシャゲの話が分かるんですかァァ!?

淫夢厨の話が理解出来るんですかァァァ!?

 

 

学校は社畜養成所

普通の「学校」っていうのは、「社畜」を育てているようなモノです。(社畜になると「死んだ魚のような目」になる)

つまり、「経営者」と違って「雇われ」になるように育てられています。

 

ざっくり言うと、「経営者=勝ち組」「雇われ=負け組」です。

(厳密には、負け組の経営者もいる。 てか、ウチの親父)

 

すべての学校が「雇われ育成学校」というワケではありませんが、概ねそのようになっています。

いまのところは「大企業に就職するのが正義」というのが、一般常識ですからね。

 

 

校長と生徒では属性が違う

「属性」が違うと攻撃は通りません。(右から左)

 

「経営者」と「雇われ」では属性が違う。

「校長(割と高齢)」と「若い人達」なので、そこも「属性」が違う。

スポンサーリンク

 

なので、ハードルが2つある状態です。

そりゃあ、話がつまらないと感じるわな。

 

 

校長先生が面白い話をするためには

コーチョーが淫夢厨になれば良いんじゃないですかね。(適当)

 

つまり、コーチョーが若者側に合わせれば良い。

 

淫夢厨の低年齢化は、割とリスク高い気もします。

が、ネットの普及で「淫夢厨の低年齢化からは逃げられない!」のですよ!

 

 

むしろ校長先生の話を聞きたい

自分のマインドレベルが上がってくると、経営者級(クラス)の話は興味があるモノです。

 

「校長の話を聞きたいヤツは手を上げろ。」

「若いのは、下に降りてスピーチ受けろ。」

「じゃあ、オレはギャラもらって帰るから。」

 

 

雇われではなく、経営者を目指せ

「雇われ」ではなく「経営者を目指せ」っていうのが、淫夢2章の教えでしたよね。

 

校長が淫夢厨なら、その影響でみんなが経営者になれると思うんですけど。(名推理)

 

よしぼっち
ゲームと漫画が大好きな30代です。

熱しやすく冷めやすいので、ブログは気まぐれ更新です。

発達障害を味方につけて、ネットでご飯を食べています。

詳しいプロフィールはこちら→ プロフィール

お問い合わせこちら→ お問い合わせ

メールマガジンはこちら→ メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

2 件のコメント

  • 基地外の思考はやっぱりクズすぎて面白いな
    親が死ねば自分も死ぬんだから暢気なものだ

  • アドバイスコメントありがとうございます。

    2016年の8~12月あたりの記事は、私がそう病のときに書いたモノです。

    そう病モードのマジキチっぷりをお楽しみ下さい。(^o^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です