【文字のない絵本】リスの詩(うた)【ルピナス】

スポンサーリンク
img_2254

 

発達障害ぼっちブロガーのよっしーこと、よしぼっちです。

 

こちらの記事は、ルピナスさんから発売されている絵本「リスの詩(うた)」の感想ですね。

 

大人になってから、自分が読むために「絵本を買う」というのは、始めての経験です。

 

絵本「リスの詩(うた)」販売サイト

製作者様の紹介ページ 

 

絵本という存在

34歳のオッサンが考える「絵本」という存在。

 

常日頃から、ストイック路線に突っ走っているKindle厨の私めは、「絵本」という存在を長らく忘れておりました。

絵本という存在を思い出した時に・・・何か、「大事なモノを忘れている」ような感覚に襲われたのです。

 

「何だ、このモヤモヤ感は・・・」

 

人間は、1つのコトに集中すると、周りが見えなくなるモノです。(特に発達障害タイプは)

 

私は、Kindleには無い魅力が、自分が見失っていたモノが、この「絵本」にはあるハズだと確信しました。

そして、購入に至るw

 

本が到着

注文してから、到着するまでは早かったです。(Amazonがドン引きするレベル)

 

 

さらに感動するのは、届いた本が入っている封筒を開封する時。

なんと、「ハサミを使わなくても良い」という仕様になっているのです!(手で封を切れる)

 

製作者様の心遣いを感じますね。

これは、大人にも子供にも優しい仕様。

 

本編に入る前

本編に入る前にやる作業があります。

 

それは、カバー裏のチェックです。(漫画本を見る時のテンプレ行動w)

 

カバー裏がどうなっているかは、実際に見て下さい。

私が子供の頃は、本のカバーを無くすコトが良くありましたが、「無くしても大丈夫な仕様」になっていますw

 

スポンサーリンク

本編

泣けるぜ。

 

リスの一生を描いた作品です。

 

「出会い」「旅立ち」「別れ」いろんなイベントがあります。

良き仲間と出会い、仲良く遊んだり、時にはケンカしたり・・・。

 

これは、大人の人にこそ読んでもらいたい作品ですね。

 

何回も読みたくなる作品です。

てか、10回くらい読んでしまったw

 

本のポイント

感動するポイントや、ネタがたくさん詰まっています。

 

 

これは、本当に何回も読んで下さい。

読むたびに色んな「気付き」が得られますから。

よく作り込まれているのが分かります。

 

 

絵は、ソフトなタッチで暖かいです。

目にも優しい仕様ですw

 

そして「絵のみで構成されている」のが重要です。

なぜなら、親子で色々と探りながら、お互いの気づきをアウトプットできるからです。

 

「あえて、文字を入れていない」ので、色々と考えさせられます。

 

img_2255

 

父子家庭のぼっちが読むと?

普通の家庭で育った人よりも、違った気づきが得られるかも知れません。

 

私は、母親がいない状態で育ったので、絵本を読んでもらった経験がないのです。

 

 

この作品は、Kindleでは味わえない感動があると思います。

私が忘れていた「何か」と、知らなかった「何か」を手に入れました。

 

この本は、定期的に読むと良いかも知れませんね。(^o^)

 

絵本「リスの詩(うた)」販売サイト

製作者様の紹介ページ

 

 

おまけ

注目すべきポイントのネタバレ情報。

 

 

表紙絵と本編。

 

タンポポ。

 

 

特にタンポポは重要ですw

何回も読み込んで下さい。

 

絵本「リスの詩(うた)」販売サイト

製作者様の紹介ページ

 

※ 本を購入する時は、会員登録をすると100円安くなります。(会員登録を済ませてから、カートに入れてください。)

 

メールは、フリーメールのGmailがおすすめです。

< Gmailの記事一覧 >

 

 

久々に良い買い物をしました!

 

みなさんも読んでみて下さい!

それじゃ!(^o^)ノ

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

プロフィール

お問い合わせ

メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です