ヒソカさんとレイザーはどちらが強いのか?【ハンターハンター】

スポンサーリンク
2017-01-05_21h52_04

 

変化系ブロガーの、よしぼっちです。(^o^)

 

ヒソカさんと、グリードアイランドのラスボスであるレイザーさん。

 

果たして、どちらが強いのか!?

 

 

格の違い

まずは、「格」の違いから行きます。

 

これは、単純なバトルの強さではなく、キャラクターとしての「格」ですね。

「格」は、決められた地位のようなモノです。

漫画の描写によっては、「格」が下がったように感じる時もあります。

 

イメージとしては、蟻編のアリンコの「階級」を想像していただければ良いかと思います。

「格の高さ」という表現が分かりやすいでしょうか。

表現がムズいw

 

 

結論を言うと、レイザーよりも、ヒソカさんの方が圧倒的に格上です。

 

 

判断基準としては、色々あります。

ドッジボール編全体の流れや、セリフ。立ち回り。

 

 

一番大きいのは「汗」ですね。

 

 

ヒソカさんは、ほとんど汗をかかない。

ハンタは33巻までありますが、その内で汗をかいたのは2~3回くらいですかね。(要因はゴンが多い)

 

レイザーは、ドッジボール中に汗をダラダラかいています。

 

 

格上でも戦闘力が高いとは限らない

「格」が上だからといって、バトルの強さが上だとは限りません。

 

「格の高さ=バトルの強さ」ではない。

 

幽遊白書で言うと、戸愚呂はB級妖怪ですが、キャラクターとしての「格」は高いですよね。

黄泉のNo.2である鯱は、S級以上の妖怪ですが、「格」は低いです。(S級がゴミのようだ・・・。)

 

 

ドッジボールの強さ

ドッジボールでの強さは、どちらが上なのか?

 

 

これは、当然レイザーの方が強いです。

 

 

当たり前だよなぁ?

ドッジボールタイマンでヒソカがレイザーに勝てるワケがないです。

 

ヒソカさん
・・・強いな♠

 

1対8

 

レイザーくんは、ゴンチームを相手に、1人で戦っています。

 

「ゴンチーム」がドッジボールで勝てたのは、チームだったからです。

 

ヒソカさんのセリフ通りですね。

ヒソカさん
みんなの力があったからだよ♣

全員(チーム)の勝利ってやつさ♥

 

ゴンチーム単体では、レイザーにドッジボールで勝てるキャラはいない。

たぶん、ゴリビスケでも無理じゃね?(てか、変化系は不向き)

 

アウトの回数

アウトの回数は結構重要ですね。

 

これはまた、キャラクターの「格の高さ」の話になりますが・・・。

 

  • ビスケは、レイザーに1回アウトを取られている。(服が破けただけ)
  • ヒソカさんは、レイザーに1回もアウトを取られていない。(骨は折れた)
  • レイザーは、ヒソカさんに2回アウトを取られている。

 

ドッジボールでは、レイザーが圧倒的に強いです。

しかし、上手いこと他のキャラの格を落とさないように、工夫された描写だと思います。(さすが冨樫先生)

 

レイザーのバック宣言

レイザーがバックの宣言するシーンは印象的ですね。

 

 

レイザーにとっては、ものすごい屈辱です。

ヒソカさんは、指2本折られたお返しといった感じの意地悪い表情。(折れた指をチラチラ見せている)

 

 

ヒソカさん
んーーダメダメ♥

ボール(タマ)はしっかり捕まなきゃね?

レイザー
・・・バック!!

 

先輩こいつバックとか求め始めましたよ。やっぱ好きなんすね。

 

ここで、久々にヒソカさんのセリフに♥が出るのも重要ですね。

(ゴンにボールを投げを頼まれた時からテンションが低かったので)

 

スポンサーリンク

バトルの強さ

お待たせ! ついにバトルの強さの考察に入ります!

 

レイザーの強さを考察するには、ドッジボールでの描写データしかありません。

てか、ドッジボールで見せた力が限界。

 

ヒソカさんは、蟻編には出てきませんでしたが、団長とのバトルにおいて、そこそこ底が知れました。

結局、ヒソカさんの強さは、よく分からなかったw

 

攻防力

攻防力の高さは重要ですね。

 

2人とも強化系の横に位置するタイプの能力者です。

ですが、単純な攻防力では、圧倒的にレイザーが上ですね。

 

ドッジボールの描写を見れば、明らかです。

攻防力の差は歴然。

 

ヒソカさんの投げるタマを見たレイザーは・・・。

レイザー
なかなかいいタマを投げる・・・

2・6・7番じゃ、あのタマは受けきれんな

ヒソカさん
イくよ(ビギュ!)

 

この流れだけで吹いてしまう。

 

幻影旅団の腕相撲

攻防力の比較対象に、幻影旅団の腕相撲を使います。

 

旅団の腕相撲ランキングは、強化系に近い能力者ほど上位にランクインしてましたね。

 

ヒソカさんは、幻影旅団の腕相撲ではトップクラスの強さでした。(3位)

強化系に隣合わせの能力者の中でも、一番上に位置してました。(変化と放出)

 

単純に筋力が強いだけかも知れませんが。

 

しかし、フランクリンよりもヒソカさんの方が腕相撲が強いところを見ると、やはりヒソカさんの攻防力が強いんだと思います。

(どう考えてもフランクリンの方が腕が太い)

 

 

ちなみに、腕相撲の強さと攻防力は全くの別物です。

腕相撲は「筋力+攻防力」ですから。

 

筋力が強いというコトは、ドッジボールも強いです。(投げる力)

つまり、筋力も攻防力も高いレイザーはクソ強い。

 

 

モラウさん的に考えると、オーラの多寡なんてモンは、気休めにしかなりませんが。

(それを吹き飛ばすのがメルエムのオーラ)

 

てか、あの腕相撲ランキングは筋力だけじゃないよな?

ゴンとノブナガが勝負した時にオーラ使ってたよな?

 

攻防力と格

例によって、「格の高さ=攻防力の高さ」とは限りません。

 

攻防力の差については、ヒソカさんの格を落とさないように、以下のような描写の工夫がされています。

 

ヒソカさんのボールをレイザーが直接取っていない。(ゴレイヌの時みたく片手で取るなど)

レイザーの分身に取らせるコトで、直接の勝負を避けています。

 

ヒソカさんはレイザーのボールを取っている。(外野経由の激減版)

レイザー的には、外野経由で威力が落ちたボールのため、取られても問題はない。

ヒソカさん的には、一応はレイザーのボールを取った。骨は折れたけどw(一本取られたね)

 

ちなみに、骨が折れた原因としては・・・。

  1. 頭と腕と足にオーラを割くから。
  2. 指の角度が悪かった。

 

ドッジボールは、攻撃側がクッソ有利だからね。しょうがないね。

 

外野経由のボールですら、ゴンを除けば取れるのがヒソカさんしかいないんだけど。

 

体術

体術のレベルはかなり重要ですね。

 

ヒソカさんの体術レベルは、漫画内の描写を見ても、かなり高め。

レイザーについては、描写がないので、わかりません。

 

クロロvsヒソカで見た通り、ヒソカさんがビックリするレベルの体術や技術は普通に存在します。

 

 

レイザーはドッジボール中に、ヒソカさんが注目する程の技術を見せています。

(体術と関係あるかどうかは不明ですが。)

 

ゴンが打ち出したボールをレシーブした時のヤツですね。

2017-01-16_22h00_03

 

ヒソカさん
体ごと腕を引いて 威力を頃した!!

 

ヒソカさん反応がマジ。

ちなみにこれは、ゴンの練を見てボ○キモードになった直後の出来事です。

 

この切り替えの速さ、ほんと好き。

 

 

んで、ビスケのリアクションもマジ。

2017-01-16_22h01_26
ロリババア
上手い・・・!!

刹那の狂いも許されないタイミング!!

完璧に捕えて受け流した・・・!!

この男・・・本当に強い!!

 

 

てか、セリフなげーよw

この技術力があるってコトは「強い」ってコトらしいですね。

 

 

体術レベルでは、何となーくヒソカさんの方が高そうに見えますが・・・。

あれ?レイザーとヒソカさんの体術レベルが「互角」だというのも、普通にあり得るんじゃね?

 

 

ビスケのリアクションがマジすぎて、ヒソカさんのリアクションが「はえ~」くらいにしか見えない。

 

 

レイザーと絡んだキャラのセリフ

キャラクターの証言です。

 

フィンクス発言 → 「強ぇなコイツ」

 

ビスケ発言 → 「この男・・・本当に強い!!」(汗を垂らしながら)

 

ヒソカさん発言 → 「・・・強いな♠」(合体した念獣に対して)

 

フィンクスに強いと言わせるのは、相当なレアだと思う。

でも、ヒソカさん本人はレイザーに対して「強い」という発言をしていないんですよね。

 

ヒソカさんのおもちゃ箱

コミック31巻の124ページのやつです。

 

ここでヒソカさんの玩具箱が出てくるのですが、レイザーが箱に入っていないんですね。

 

 

ここは超重要な項目です。

 

 

オモチャ箱に入ってないというコトは、ヒソカさんの中では「レイザーは無い」っていうコトです。

レイザークラスの強さがあって、玩具箱に入らないワケがないですから。

 

つまり、どういうコトなのか?

 

ヒソカさんは空気が読める

ヒソカさんは、ハンター試験の試験管ごっこをやるくらいのマジキチです。

 

なんですけども、メチャクチャ空気を読むコトができる人です。

そういうところが魅力でもありますね。

 

そして「理解」するのが得意な人です。

 

(★^o^◆)「完璧に勝つ♣だろ?ゴン♥」

 

とか、ゴンの気持ちを理解してないと言えないセリフですから。

 

そして、キッチリと分別が出来る人です。

 

 

 

クロロとやりたいけど、お供が2人いたら諦めますからね。

引くべきところは引きます。

 

ロリババア

ちなみにですが、「お供が2人いたらクロロに手が出せないとかヒソカ弱すぎでしょ」って思う人は、蟻ん子vs旅団を読み込んだ方が良いですね。

あと、ヒソカvsクロロを一から読み直してください。

 

アーイキソ

奇術師さんは、引くところは引くんですが、クロロと戦えそうなチャンスがあれば、旅団全員を敵に回すかもしれなくても、賭けに出ます。

 

危ないからブレーキを踏みそうなところですが、行くときはイきます。

 

脱線しましたが、レイザーと戦おうと思えば戦えます。

でも、レイザーをぶちのめしてしまうと、ゴンくんがその後のグリードアイランドを楽しめなくなってしまう可能性があります。

 

そして、除念師はグリードアイランド内にいますから、やっぱりレイザーと戦うワケにはいかない。

あと、グリードアイランドプレイヤーに申し訳ないから、レイザーを倒すのは辞めたんじゃないですかね。(空気読みすぎ)

 

だから玩具箱には入っていない。

 

とっても楽しいバトル

ヒソカさんが、ドッジボール明けにノブナガくんに言ったセリフですね。

 

ヒソカさん
とっても楽しいバトルを終えたばかりでさ♥

ボク 今感度ビンビンなんだよね・・・♪

 

ヒソカさんは「終えた」と言っています。

 

「終わり」です。

 

だから玩具箱に入ってない。

 

どっちが強いんですか?

はい、答えを言います。

 

 

レイザーとヒソカさんが戦ったらヒソカさんが勝ちます。

 

当たり前だよなぁ?

 

 

ダラダラと攻防力とかレイザーの技術の話をしてきましたが、ぶっちゃけそんなのはどうでも良いです。

 

ヒソカさんが勝つビジョンが見えないとか知らんがな。

ぶっちゃけ描写とかあんまし関係ないし。

 

 

 

(考察に飽きたブログ管理人が幽遊白書の丸投げスタイルに移行)

 

 

 

レイザーが「完敗だな」って言ってるし。(ドッジボールでだけど)

アレはゴンに対しても、ヒソカさんに対しても言った発言です。

 

ヒソカさんは、

「とっても楽しいバトルを終えた」

と言っています。

 

「楽しい」というのは、ゴンの成長を見れたのが楽しかったのと、レイザー自体が強くて楽しめたので、ダブルで楽しかったというコトです。

楽しめたというのは、レイザーくんへの最大の賛辞ですね。

感度がビンビンなのは、ゴンくんへの期待が膨らんだからだと思います。(意味深)

 

おそらく、この頃は、ヒソカスカウター(通称ヒソカス)はちゃんと設定されていなかったのだと思います。

 

 

ヒソカさん
「とっても楽しいバトルを終えた」

ヒソカさんが「終えた」と言った時点でレイザーくんは終わりです。

 

 

玩具箱に入ってないのは、そういうコトです。

玩具は多いほうが楽しいのに、レイザーくんが入ってないのは「遊び終わったから」ですね。

 

 

なんでかっていうと、記憶から消えてるからです。

 

 

ヒソカさんは、過去に興味がないですからね。

明日にはレイザーの顔は忘れているでしょう。

 

 

レイザーくんは、まだ死んでいませんが、もうネタは分かっています。

そこからどんな攻撃が来るかおおよその予想はつきます。

それに対処する方法もね。

 

タネが分からないから驚くのであって、ドッジボールで全てをさらしたネタバレ状態のレイザーくんは、もう戦う価値がありません。

用済みになったらポイですよ。

 

 

だから、スキルハンターというネタがたくさん詰まっていて、頭の良いクロロとデートがしたいんですね。

まあ、現実は厳しかったですけど。

 

 

ゴンくんとヒソカさんは、一度天空闘技場で戦っていますが、ゴンくんが生き残ったのはヒソカさんの気まぐれです。

普段は、ああいうのはやりません。

(★^o^◆)「次はルールなしの世界でやろう。命を賭けて。」

 

カストロみたく、これ以上成長しないと思ったらあっさりと切り捨てられています。

 

ゴンくんは、才能がありますし、カストロとは違って「正しい成長」をしているので生かしているだけです。

ゴンくんは、立派なリンゴに育つ可能性が高いですから、何度も助け舟を出しているんですね。

 

選挙編で判明したのが、

そのゴンくんですら、イルミとプラマイゼロのレベル。

おそらく、ゴンくんは強さのみの判定。イルミは強さ+お友達としての利用価値。なのでしょうが。

 

自分の命と、クロロとの対決を天秤に賭けた時に、容赦なく切り捨てます。

 

もともとヒソカさんは面倒くさがりなので、わざわざグリードアイランドまで出向いて、すでに底が知れたレイザーと再び戦おうとはしないでしょうね。

 

 

ちなみにですが、レイザーとヒソカさんが戦ったときに、100%の確率でヒソカさんが勝つとは限りません。

クロロvsヒソカもそうだし、ゴンvsゲンスルーもそうですね。

 

状況次第ではレイザーくんが勝つパターンはあります。

アリ編でゴリビスケがキルアにレクチャーしてたのを参考にしてください。(20巻210話)

 

 

ヒソカさん
こんなハズでは・・・。

 

 

(★^o^◆)

終わり

 

よしぼっち
よっしーこと、よしぼっちです。

ゲームと漫画が大好きな30代。

ブログは気まぐれ更新です。
熱しやすく冷めやすい。

プロフィール

お問い合わせ

メールマガジン

LINE@始めました\(^o^)/

友だち追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で


発達障害の攻略本を無料プレゼント

発達障害の社会不適合者がこの先生き残るための方法をを伝授します\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です